中国NUA会報トゥゆー

中国NUA会報
No.11
(2003.1 No.11)


TOPICS
会員紹介
最新IT情報



2003年度を迎えて

会員の皆様、新年明けましておめでとうございます。
皆様方には、様々な希望、期待を抱いて新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。
昨今は、不良債権、資産デフレ、株価の下落等で厳しい経済情勢が続いておりますが、不安定要因が多くまた国際分業が進む中で、この状態は今後も続くものと思われます。
このような企業を取り巻く環境の大きな変化、またライフサイクルが短くなった現代に対応するには、幅広い情報、スピード、ネットワーク等が必要となります。
情報技術の環境も、めまぐるしく変化、進歩しております。
ユーザー会としましても変化に対応でき、会員のニーズに答え、企業経営に役立つITを目指したいと考えております。
皆様のご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって良い年であることをお祈り申し上げます。
 
中国NUA委員長 ウチヤマ化成(株) 浅野 陵ニ
中国NUA委員長
ウチヤマ化成(株)
浅野 陵ニ

『第四回 四国・中国ユーザーシンポジウム in 高松』
開催日時
 平成15年2月14日(金) AM10:00〜
   
開催場所
 高松国際ホテル
   〒760-0080 高松市木太町2191-1 TEL(087)831-1151
 JR高松駅より送迎マイクロバス有り
特別講演
NECとの意見交換会
ワークショップ:10件





成和産業(株)医療情報部
成和産業(株)
医療情報部 薬剤師
松石 真紀子
 

からだにいい話8
COPD(慢性閉塞性肺疾患)

息切れ・痰が続くのは、かぜや年齢のせいばかりとは限りません。
これらは近年、中高年を中心に増えている「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の代表的な症状でもあります。気管支に慢性的な炎症が起こる「慢性気管支炎」と、気管支の先端にあり酸素と二酸化炭素のガス交換を行う肺胞が壊れてしまう「肺気腫」をまとめてCOPDと呼びます。症状は階段の上り下りで息切れする程度から、日常生活のちょっとした動作でも息が切れるようになり、最終的には酸素吸入が必要になる場合もあります。COPDは煙草の煙、大気汚染、粉塵、化学物質などが、長い間肺を刺激することで起こり、特に喫煙がいちばんの原因とされています。
治療はまず禁煙です。年齢と共にある程度肺機能は低下しますが、喫煙時に比べて、禁煙した時点から肺機能の低下は緩やかになります。その上で症状をやわらげるために気管支拡張剤などの薬物療法を行います。
     
>>COPD危険度チェック
45歳以上で次の項目に一つでも当てはまる人は病院で検査を受けたほうが良いでしょう。検査は外来で受けることができます。

・喫煙歴(10年以上)
・かぜではないのに咳・痰が出る
・喘息症状が出る
・階段を上がると息切れがする
個人差がありますが、「喫煙年数×1日の平均喫煙本数」が400を超える人は要注意です。




事務局だより

中国NUA事務局長 西村知教   新年明けましておめでとうございます。
新事務局に就任いたしました「西村知教」です。事務局長として、中国NUAの更なる活性化を目指し、会員各位様の縁の下の力持ちとして頑張って行きたいと考えております。
今後ともよろしくお願い致します。

中国NUA事務局長 西村 知教
     
     
編集委員 伊藤総一郎   会員の皆様、あけましておめでとうございます。
昨年は、統合、再編etcなどで大変な年であったと思います。今年こそ、羊のように温かい年であってほしいものです。
今年も交流の場「トゥゆ〜」をよろしくお願いいたします。

編集委員 伊藤 総一郎






中国NUA
発  行 2003年1月
編集委員 伊藤 総一郎【(株)リョーセンエンジニアズ】
事 務 局 〒730-0031 広島市中区紙屋町二丁目2-12
  日本電気(株)中国支社内
  (URL http://jpn.nec.com/nua/)
  tel 082-242-5513 fax 082-242-5515