会員紹介
(トゥゆーNo.10)

アコー株式会社

〒733-0833 広島市西区商工センター8-11-50
tel.082-278-8484 fax.082-278-8485
創立昭和62年


アコー株式会社 当社は、1987年1月に(株)阿部鉄工所の電算部門から分離し、独立系ソフトベンダーとして発足致しました。
 事業内容は、製造業をメインに事務系アプリケーションソフトの開発、コンピュータ機器の販売を中心に事業遂行しています。主要製品として、(1)基幹系標準システムでは、製番型生産管理システム(組立、加工業向け)(加工業向け)。製番型生産管理システム。生産管理システム(繰返し生産型、小規模向け)。販売管理管理システム(2)総務、経理系標準システム、就業、給与、人事システム。就業端末サブシステム。経理システム。固定資産管理システム。契約物件管理システム。経費仕入システム。

小規模企業でもトータルシステムの導入ができる。生産管理システムなどの基幹系システムから就業、人事、総務、経理などの後方システムをアコー標準システムにリンクして、パッケージソフトでは満足できないユーザーにソリューションを提供します。
代表取締役 阿部 正博

株式会社 アスペック

〒730-0052 広島市中区千田町3丁目10-15 中設ビル3F
tel.082-545-3900 fax.082-545-8800
設立平成13年


株式会社 アスペック 当社は、平成13年11月、成和産業株式会社と中国電設工業株式会社との共同出資によって、新会社『株式会社アスペック』が設立されました。
 つまり、流通企業と情報通信企業とが力を合わせて誕生した企業です(社員12名)。
 多くの中小企業ではIT技術を企業経営に活かしたいが、最近のコンピューターやソフトは色々な機能があり、どう利用していいのかわからないと悩まれている企業が多いと思います。私たちは今まで培ったIT技術と業務ノウハウを強みにして、ユーザーとしての見方とお客様の立場に立った視点で、スピードと満足度を提供いたします。
 主なものとしては、より効率的にソフトを提供できるASP事業から情報システム部門のアウトソーシング受託やシステム開発など、コンサルティングからアフターフォローまで、幅広くかつきめ細やかに知識と技術を提供して参ります。
 『lead to the next stage』情報を活かし、効率を高め、成功へと導いていく・・・・
 私たちは21世紀のビジネスパートナーとして共に歩んで参ります。

代表取締役社長 小松 忠司

株式会社 コア 中四国カンパニー

〒733-0834 広島市西区草津新町1丁目21-35 広島ミクシスビル
tel.082-278-0511(代表)
創立昭和47年


広島ミクシスビル
株式会社 コア 中四国カンパニー
西日本e-R&Dセンター

 株式会社コアは、最新ITを駆使したコンサルティングからソフトウェア開発・システムウェア開発、製品開発・販売事業、ネットワーク事業、研究開発事業、サポート事業など、情報サービスの上流から下流まで「一気通貫」のソリューションを提供しています。
 独立系情報技術サービス企業として、真にユーザー本位なサービスを提供しています。平成9年からカンパニー制を導入し、全国をカバーする9カンパニー/20拠点体制で技術特化等による創造的・独創的、地域密着型の事業を推進しています。
 山口市・山口テクノパークに建設を進めていたコア「西日本e-R&Dセンター」(第1期)が完成し、本年4月から稼動を開始しました。西日本における"e-ビジネス"展開拠点として、コアとしては「コアR&Dセンター」(川崎市)に続くR&Dセンターとなりました。
重要なe-ビジネス拠点として積極的な事業展開を図り、先進技術の創造・開発拠点として活動します。

中四国カンパニー社長 吉原 清彦

株式会社システムサンワールド

〒740-0018 岩国市麻里町七丁目9-16
tel.0827-23-0333(代表)
創立昭和56年


~株式会社システムサンワールド" 当社は1981年11月創立にて、昨年20周年を迎え大きく業態の改革に取り組んでいます。従来より自社開発商品として拡販中の「FOCS」(NECへOEM提供していたFAX情報ネットワークシステムを自社ブランドの「FOCS」として、平成6年に開発に入り、商品化して以来バージョンアップを重ね、現在も優れた商品として流通・通販業界向けに販売中)に加え、昨年秋より開発を始め本年2月に商品化した、NTTドコモの無線パケット網(DoPa)を利用したテレビ中継局リアルタイム遠隔監視システム「パケットキャスター」は、当社地元の2局(山口朝日放送、テレビ山口)で既に稼動中であり、近々岡山県の山陽放送でも立上げを行います。 「我々は、技術と情熱を持って、ITのプロフェッショナルサービスを提供することにより、社会の発展に貢献する」ことを経営理念に掲げIT業界の一端を担います。

代表取締役 岡本 旨弘

株式会社日本製鋼所 広島製作所

〒736-8602 広島市安芸区船越南1-6-1
tel.082-822-3181(代表)
創立大正9年


株式会社日本製鋼所 広島製作所 当製作所は、1920年(大正9年)に操業を開始して以来、永きにわたり常に製造部門の大きな力として会社の発展に寄与してまいりました。
 この間、優れた伝統的技術に加え、海外技術の導入、新鋭工作機械の設置等、常に前進して止まない積極的な研究開発、生産活動を続け我が国有数の大型機械工場として、確固たる地位を築き上げました。
 現在、当製作所ではプラスチック加工のエキスパートとして、これまで産業用機械などの開発・製造で培ってきた高度なノウハウを生かし、高精度、高信頼性、省エネを実現した最新鋭の機器を続々と誕生させております。
 また、防衛機器の開発・製造でも長年の実績をもち、日本の平和と安全に貢献しております。
 さらに「プラスチックテクノロジーとメカトロニクスの追求」をテーマに、新しい用途開発を進め、国際レベルの技術・サービス体制を確立しております。

総務部システムグループマネージャ 近藤 純

「平成14年度総会」

日 程 : 平成14年4月23日(火) PM2:00〜6:30
会 場 : メルパルクHIROSHIMA 6階 平成

I. 総 会
II. 特別講演

テーマ: 『笑いを文化に経営に』
講演者: 吉本興業株式会社 常務取締役大阪本社代表 木村 政雄 氏


日本のお笑い界の頂点に立つ吉本興業、所属タレントたちの活躍はもはや関西地区にとどまらず国民的な支持を得るまでに至った。かつて横山やすし、西川きよしのマネージャーを務めた木村政雄氏が吉本流のユニークな経営戦略と体を張って掴み取った"笑ビジネス"の法則を披露されました。

III. NEC講演

テーマ: 『グローバル時代の企業経営を支えるITソリューション』
〜 オープン・ミッションクリティカルシステム 〜
講演者: NECソリューションズカンパニー副社長 川村 敏郎 氏

IV. 懇親会


懇親会 挨拶 浅野委員長

 



広島ガス株式会社 情報システム部 池田 光孝

 皆さんは日本刀を握られたことがありますか。私の最初の接点は東京での刀剣市で、その熱気の中に日本人の魂への郷愁のようなものを感じさせられました.
 日本刀の歴史は古く、ヤマタノオロチ伝説でも見られるように国家権力の象徴でもありますが、その折れず(やわらかい)、曲がらず(硬い)という相反する技術と、日本文化独特の「限られた空間における美の創造」が実現されています。そしてその技術は門外不出であり、当時から情報のセキュリティは確保されていたようです。したがって現在でも姿や形・材質等からどの地方のどの系統の人がどの時代に作成したものかを鑑定することができるほどで、当時のナレッジシステムの確立には驚かされるものがあります。
 ときどき有名な武将が所持していたものを拝見する機会がありますが、自然に当時の武将と同化し、タイムスリップした感覚におそわれます。先日も豊臣秀吉所持のものを手にとり、どういう気持ちでこれを眺めていたのかを想像すると、どきどきしてしまいました。あまり知識はなくただ好きなだけですが、日本文化の次の世代への橋渡しと自負しています。
 また中国地方は砂鉄の産出(中国山地)、製鉄(島根県横田町)、作刀(広島県三原市・岡山県備前市等)、刀匠(千代田町に在住)など現在にいたるまで刀剣に非常に関連が多い地方であることはご存知ない方が多いと思います.
 鉄砲とちがって刀剣は売買も簡単で誰でも所有することができます。あなたも日本文化伝承の中継ランナーになり、たまには「1日武将」になってみませんか。

広島ガス株式会社 情報システム部 池田 光孝