(トゥゆーNo.1)


IT研究会

コンピュータの世界には情報技術(IT)が氾濫していますが、すべてを理解し活用することは不可能です。IT研究会ではEC、Java、データウェアハウス、グループウェアの4っのテーマに取り組みました。実際にPCを利用して体験させて頂き、楽しく理解できました。今後の参考になる価値のある研究会でした(丸五ゴム工業(株)古岡  誠)

レディスセミナー

違った環境にいる人達が集まって討議をするのは大変でしたが、時間内で結果を出そうと真剣に討議を行いました。存在価値を認めてもらえるように自分を向上させたい、視野をもっと広げたいという積極的な発表が多く、楽しかったとの感想も沢山ありました。


OA/EUC研究会

「OA/EUC研究会」の目的は、昨今のダイナミックな情報インフうの変化にともなう、IS部門とユーザ部門の新しい役割とスタンスを明碓にすることと、IT技術等の様々な軸によるEUC推進上の実践的な課題解決策を作成することにあります。研究会においては熱心な討議により、多くの成果を創出しており、各参加メンバの今後のEUC推進に大きく寄与するものと思います。
(西川ゴム工業(株)小刀 英爾)
(西川ゴム工業http://www.nishikawa-rbr.co.jp


全NUA

C&Cユーザーフォーラム1997

■と き 10月27日・28日
■ところ パシフィコ横浜

One To One Solutionをテーマスローガンに全NUAとNEC共催によって「C&Cユーザフォーラム1997」が盛大に開催されました。このフォーラムは全NUAが創立30年という記念すべき年を迎えたことを受け、従来の全NUAの活動を見直す中で新しい情報システムに関する幅広い情報提供や情報交換を通して人と技術の交流の場をつくることを、目的に企画されたものです。開催当日は、全国から二日間で延べ約8000名の会員が国内最大規模のプレゼンテーションに熱心に参加されました。改めて、PC1人一台時代に象徴されるIT技術の普及と情報システム活用への関心、期待の大きさが伺われました。全NUAの幹事会メンバーとしてフォーラムの企画に参画された中国NUA佐伯委員長は「C&Cユーザーフォーラムが大成功裡に開催できたことは、ユーザー会飛躍の元年となりそうな予感がする。」と感想を述べておられました。