システム雑感
(トゥゆーNo.1)



株)イズミ情報システム部長
 前田 信孝

まずは、創刊おめでとうございます。景気動向も先行き不透明な昨今ですが、我々コンピューターに携わる者にとっても、なかなか先の読みにくい時代です。情報技術の進歩の早さ・活用分野の多様さに加え、所属する企業(団体)も「変化」と「スピード」を合言葉に、勝ち残り・生き残りにしのぎ削る毎日です。この中でシステム部門の人間(システム会社の人も含め)は、どのように身を処せばよいのか、思い悩みはつきません。私は多少の曖昧さを許す気持ちと、その中でエィヤッと割り切る気持ちが迷路、不透明さからの脱出法では…と考えます。
 大きな流れさえつかめば、早く行動に移る事が大切なのでは…。企業(団体)はスピードのある変化を求めています。スピードの価値\精度の価値を追い抜いているように思います。勿論、業種・業務による違いはあるのは当然ですが…。忙しい時間の中ての一服の気分転換は、新たなエネルギーと発想の転換を産みだしてくれます。是非この会報が、その一助となる事を期待しております。