NUA WORLD 中国NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成28年度

ヒューマンスキルアップ研修
しなやかな人間関係を築くために

日時 2016年7月5日 (火) 9:30〜17:30
会場 NEC中国支社 会議室 5階503会議室
参加者 10会員10名 (申込11会員11名)
内容
9:30





12:00
13:00












17:30
  1. オリエンテーション
    (1)本研修の目的
    (2)コミュニケーションで困った場面の共有
  2. 「SPトランプ」による自己理解&他者理解 【個人ワークとグループワーク】
    (1)SP(サブパーソナリティ)とは?
    (2)自分のSPを知る
    (3)SPによる相互印象交換で新たな自分を発見する
  3. 相手に合わせたタイプ別コミュニケーション術 【講義】
    (1)SPタイプによるコミュニケーションスタイルの違いを知る
    (2)SPタイプ別コミュニケーションのコツ
  4. アンガーマネジメントで感情をコントロールする 【講義とペアワーク】
    (1)アンガーマネジメントとは?
    (2)問題となる4つの怒り
    (3)3つの暗号でアンガーマネジメントする(6秒、べきの3重丸、思い込みの分かれ道)
    (4)怒りの性質
  5. アンガーマネジメントをビジネスコミュニケーションに活かすには 【グループワーク】
    (1)アンガーマネジメントでチームビルディングする方法
    (2)まとめ
アンケート結果
  1. 大変満足
  2. 満足
  3. どちらともいえない
  4. やや不満
  5. 不満
10名
1名
0名
0名
0名
 

<研修内容について>

  • SPトランプでの自己分析や苦手な相手の分析、どう対応していくかといった点や、アンガーマネジメントを行っていくうえでの3つの暗号等、「アンガーマネジメント」という言葉は知っていても、詳細まで理解していなかったので、実践の仕方など、とても勉強になりました。
  • 怒りの心の動きをとらえた研修は、今後も社会人のみならず、家庭にも役立つ手法でした。

<今後の取り組みについて>

  • 許容範囲の幅の広さ等についての固定観念が、コミュニケーションに影響している状況を再度見直したいと思いました。
    色々な人が色々なことを考えているという当たり前のことを、つい忘れてしまい独走する自分を再考する良い機会となりました。
  • 今日から実践できる内容で、とても参考になりました。特に「SPトランプ」での”自己特性を理解する場面”では、自分では考え付かないような、”他者からの印象”や”自己に不足している特性”を認識することができ、大変嬉しく思っている。社内でも展開していきたいと思う。
  • アンガーマネジメントと聞いて、最初は怒らなくならなければならないのかと思い、少し窮屈な気持ちで来たが、実際には怒らないことではなく、怒ってもよいと言われたので、意外だった。精神論ではなく、根拠のある理論に基づいたテクニックだったので、明日から早速職場でも使ってみたいと思う。
    個人的には、非常に面白い分野であると思ったので、これからも何らかの形で勉強してみたい。
  • 大変有意義な研修をありがとうございます。
    教えて頂いたツールを実行して、身に着けたいと思います。また、チームビルディングにも活用したいと思います。
写真 写真
冒頭ご挨拶 元永委員 講師 川上 陽子 氏
写真
研修風景

このページの先頭へ