NUA WORLD 中国NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成26年度

ものづくり共創セミナー 開催のご案内

NECでは、同じ製造業の課題を抱えるお客様に対して、NECが保有するものづくりのノウハウをご提供し、「ものづくり」の革新・強化をご支援させていただく目的で、『NEC ものづくり共創プログラム』を立ち上げております。その一貫の企画開催でございます。

今回、中国NUA会員のマツダ株式会社様の特別なご厚意により、マツダ株式会社様本社で開催いたします。
マツダ株式会社様は、「モノ造り革新」により稼ぐ力を付けられ、また世界に通用するブランド構築で、今、大いなる躍進を遂げられておられます。
そのマツダ株式会社様より、「モノ造り革新」の取り組みについてご講演と、組み立てラインを含めたマツダミュージアムの見学をさせていただきます。合わせて、NECからも自社で取り組んだ「ものづくり革新」についての成果をご紹介させていただきます。

製造業のお客様に、お役に立てる内容だと確信しております。是非、この機会をお見逃しなく、積極的なご来場を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
日程 2014年9月10日(水)
場所 マツダ株式会社様 広島本社
広島県安芸郡府中町新地3番1号
≪マツダミュージアム≫および≪2階 201会議室≫
★12:45に、広島駅新幹線口 1F バスロータリーにご集合ください。
申込締切 2014年8月20日(水)
※会場のご収容人数の関係上、上記締切日前に締め切らせていただく場合がございます。
※1企業様のお申し込み人数を制限させて頂く場合がございます。
定員に達しましたので、申込締切いたしました。
沢山のご応募、誠にありがとうございます。
ご注意事項
  • 自動車製造業(除く部品製造業)、メディア関係者の方につきましては、お断りさせて頂く場合がございます。
  • カメラ・カメラ付き携帯電話の持ち込みは可能です。但し、一部撮影不可の場所がございます。
  • PC・タブレットの持ち込みは禁止させていただきます。
  • 製造業のNUA会員様につきましては、本セミナーお申し込みと同時に「ものづくり研究グループ」のメンバーとして登録をさせていただきます。(NUA会員は無料)
概要
12:45
広島駅新幹線口 1Fバスロータリー ご集合
※事務局がNUAの青い小旗を持ってお待ちしております。
13:30〜15:00 マツダ株式会社様 マツダミュージアム見学
<見学内容>
◆歴史展示
◆ロータリーエンジン展示
◆技術展示(クルマづくりのプロセス等)
◆組立ライン
◆未来展示
15:30〜16:30 マツダ様講演
テーマ: マツダの“モノ造り革新”
講師: マツダ株式会社様
限界にとらわれない発想から生まれた “SKYACTIV TECHNOLOGY”の概要と、マツダ様全グループで取り組まれた“モノ造り革新”を事例をふまえてご紹介頂きます。
また、グローバル競争の中で、大いなる躍進を目指すための戦略、今後の展望についてもご講演いただきます。
16:30〜17:00 NEC講演
テーマ: NEC15年の改革から見る“ものづくり”改革
講師: NEC ものづくり統括本部 シニアエキスパート 
松井 聡志 氏
過去NECでは、市場変化に適応したSCMを構築出来ずに「多大な在庫」を抱え、危機的な状況を招きました。顧客基点のSCM構築のため全社で、ものづくり、流れづくりの改革を進め「リードタイムの大幅短縮」と「棚卸半減」を実現して参りました。
この改革経験から、本講演では、SCM改革を実施する際の肝と、顧客からサプライヤまでの新たな流れを構築するための現場系改革、システム系改革、そして、マネジメント系改革の注意点を判り易く解説いたします。
17:00 終了
※ご参加アンケートご記入後、広島駅までバスでお送りします。
主催 中国NEC C&Cシステムユーザー会
協賛 マツダ株式会社様/NEC ものづくり共創プログラム
担当委員 中国NUA副委員長  古月 克司氏 (マツダ株式会社)
この度中国NUA初の試みとして、「ものづくり共創セミナー」を弊社(マツダ)にて開催することになりました。
NEC様が製造業を中心としたお客様向けに実施しておられる「ものづくり共創プログラム」と中国NUA主催のセミナーとのコラボレーションとして開催するものです。
弊社では「モノ造り革新」プロジェクトを立ち上げており、車両開発から製造、物流に至る一貫したモノ造り革新活動を行っています。
今回のセミナーでは、マツダミュージアムをご見学いただいた後、弊社の活動についてご説明させていただきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
問い合わせ先 中国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:肥後・池尻
TEL:082-242-5511  FAX:082-242-5515

このページの先頭へ