NUA WORLD 中国NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

第15回 中国・四国NUAユーザーシンポジウム in 岡山

今年度の中国NUA・四国NUA活動の集大成として「ユーザーシンポジウム」を開催する運びとなりました。
中国・四国NUAユーザーシンポジウムは、NUA会員様の事例や研究発表、共通テーマによる会員様同士の意見交換会、著名人の講演などを、
・NUA会員様同士の相互研鑽及び交流を深める場
・NUA未会員の皆様にNUA活動を深くご理解頂くための場
を設定することを目的とし開催しております。
ご多忙中とは存じますが、是非とも皆様お誘い合わせの上、ご参加賜りますようよろしくお願い申し上げます。

中国NEC C&Cシステムユーザー会 委員長元永 裕治 (防長商事株式会社)
四国NEC C&Cシステムユーザー会 委員長津村 明福 (コープしこく)
 
日時

2014年2月14日(金) 12:30〜19:30 (受付12:00より)

会場 メルパルク岡山
岡山県岡山市北区桑田町1-13 TEL:086-223-8100
申込締切 2014年1月29日(水)
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
概要
12:30〜14:15 — ユーザー座談会
テーマ: BCP〜全社での計画策定とIT部門の対応

8名(予定)の中国、四国のNUA会員様とNECで意見交換を実施いたします。
各社の全社としてのBCPの策定状況と、それについてIT部門として、どのような対応をされているのか、またされようとしているのかについて課題、疑問等を含めて、ご発言いただき、意見交換を行います。

NUAならではの会員様とNEC双方向の自由な意見交換の場です。
会員様の問題解決のヒント、新しい気づきなどをお届けできれば幸いです。

座談会を聴講されたい方を以下の通り募集いたします。
◆応募方法:
参加申込書の聴講希望の□にチェックをご記入の上エントリー下さい。
会場の収容人数の関係上、お申込の状況で募集を締め切らせて頂く場合がございます。

聴講のみでも結構ですが、座談会中に、ご質問、コメントをいただいてもOKです。
お気軽にご参加下さい。

12:30〜15:15 — ワークショップ
【ワークショップ 1】12:30〜13:15
全NUAユーザー事例論文発表
<特別賞(ものづくり革新賞)>
サービス提供型アプリケーションによる生産管理システム構築事例
【関東NUA】
株式会社岡村製作所 情報システム部 
次長 松井 憲哉 氏
岡村製作所では、サービス提供型システム基盤への移行を目指し、ビジネス領域別にシステム再構築プロジェクトを推進しています。システム基盤の変更を決定した経緯と、その中で実施された、生産管理システム刷新プロジェクトでのシステム再構築事例を紹介いたします。
【ワークショップ 2】13:30〜14:15
全NUAユーザー事例論文発表
<入選>
クラウドサービス基盤の効率的な運用 〜仮想データセンター構築に向けて〜
【関東NUA】
インフォコム株式会社 データセンター運用室運用チーム
主任 鈴木 孝志 氏
東日本大震災以降のDRニーズの高まりと仮想化技術の成熟を受け、当社では仮想データセンターの構築に取り組んでいます。複数拠点での運用に伴う様々な課題について、安全でコストを抑えた効率的な運用のあり方を検討事例として紹介いたします。
【ワークショップ 3】14:30〜15:15
NECセミナー『未来をつくるICT』
NEC ソリューションプラットフォーム統括本部
エバンジェリスト 林 雄代 氏
めまぐるしく変化するICT。
その分、将来を的確に見越したICTへの投資はビジネスの大きな成功要因になると思われます。
ICTの最新動向、将来実現が期待できる技術、どんな使い方が可能になるのか 等々をエバンジェリスト(ICTをわかり易くご説明する役職者)より、ダイジェストでご紹介いたします。
セミナーにご参加いただいて、ご自身で、未来をつくるICTを見極めてみませんか?
【ワークショップ 4】14:30〜15:15
中国NUA IT研究会 成果発表
株式会社 広島県農協情報センター システム運用指導部
梶野 貴大 氏
今年度、全回を通してのテーマ研究と各回毎にミニテーマを設けての意見交換を行いました。
その成果をメンバーの代表者から発表いたします。
(1)テーマ研究内容
 『スマートデバイスの活用を想定した業務課題改善』
(2)ミニテーマ・意見交換内容 
 ①『BCP 』
 ②『Windows XPからの移行 』
 ③『文書管理』
15:30〜15:40 — 開会セレモニー

開会宣言 企画委員長 河田 寿志 (株式会社アイアットOEC)

15:40〜16:25 — 中国NUAユーザー事例発表講演
テーマ: 〜平成25年度全NUA最優秀賞受賞論文より〜
『医療機関における新たな入力デバイスの可能性を探る
〜ジェスチャー認識を取り入れたシステムの構築』
講師: 公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
情報システム部 情報システム課 課長  藤川 敏行 氏
写真

医療機関のICT化では、入力デバイスは一部の音声入力を除き、キーボードとマウスが主体でした。しかし、清潔な状態を保つ必要のある環境下では直接入力デバイスに触れることができず、口頭指示で代理入力するなどの煩わしさがありました。
そこで、非接触で操作できる「ジェスチャー認識を用いたシステム」を構築し、作業負担の改善効果等を検証いたしました。
また、同じ技術を利用して、「院内案内システム」も構築し、患者さんが、画面に触れずに、清潔に、ゲーム感覚で操作を楽しみながら、ご自身に必要な院内情報を入手していただけるようにいたしました。
検証した結果、今後の課題、利用シーンの考察等をご紹介させていただきます。
会員皆様のご参考になれば幸いでございます。

16:40〜18:10 — 特別講演
テーマ: マラソンで学んだこと
講師: マラソンランナー  山口 衛里 氏
写真

岡山県・天満屋女子陸上部の名門の歴史を築いたマラソンランナーで、シドニー五輪女子マラソン7位入賞の山口衛里氏より、マラソンを通しての様々な体験について講演いただきます。

<プロフィール>
1973年兵庫県生まれ。西脇工高からダイエーを経て、93年に岡山県の天満屋に入社。
99年東京国際女子マラソンで当時の日本歴代2位のタイムで優勝。
シドニー五輪では、途中で転倒しながらも、7位入賞を果たす。
05年3月に現役を引退し、07年4月から、天満屋のコーチに就任。全国都道府県対抗女子駅伝の岡山県チームの監督も務め、10年大会では岡山県チームを初の日本一に導いた。
現在は、天満屋女子陸上部アドバイザー、岡山県桃太郎夢クラブ理事・コーチとして活動中。

18:20〜19:30 — 情報交流会

様々な業種の会員が集まり、社外交流を深めるコミュニケーションの場です。

※当日はアルコール類をご用意しておりますので、アルコール類をお召し上がりの場合、お車の運転はご遠慮ください。
企画委員 企画委員長 河田 寿志 (株式会社アイアットOEC)
副企画委員長 山下 眞吾 (オークラ情報システム株式会社)
企画委員 藤川 敏行 (公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院)
企画委員 丸岡 栄治 (株式会社インフォコム西日本)
問い合わせ先 中国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:肥後・池尻
TEL:082-242-5511  FAX:082-242-5515
四国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:桑嶋
TEL:087-836-1201  FAX:087-836-1233

このページの先頭へ