会合 平成22年度

第751回 人材育成研修
開催日時 平成22年10月20日(水) 10:00〜17:00
会場 第一セントラルビル1号館 5階 B会議室
担当委員 斎藤 忠幸 氏 (株式会社アイアットOEC)
研修内容
「全能思考で最強チームをつくる7つのメソッド」
〜チームワークを上手く機能させるための方法を学ぶ!!〜
有限会社 GIALLO GARAGE
代表取締役 水河 昭彦(ミズコウアキヒコ)氏
参加者 参加者12社18名<回収アンケート17名>
写真
アンケートより
(1) 研修テーマの受講満足度はいかがでしたか?
1. 大変良かった 82%
2. 良かった 18%
3. 少し悪かった 0
4. 悪かった 0

(2) 研修会の進行はいかがでしたか?
1. 大変良かった 72%
2. 良かった 28%
3. 少し悪かった 0
4. 悪かった 0

◎悪かった理由
机の配置:スクール形式より、グループワークの方式の方がよかったのでは?

(3) 研修参加の目的の達成度はいかがでしたか?
1. 達成した 41%
2. ほぼ達成した 53%
3. 少し達成した 6%
4. 目的は達成しなかった 0

(4) 研修に参加して一番プラスになったことは何ですか?
  • 見方、質問を変えることで異なった考え方が出来るということがわかった。目標を明確に持つことの大切さがわかった。自分の話し方、接し方で相手も変わる。
  • 話をする相手によって、言葉を変えないと伝わらない(V/A/K)。心に思っていることが言葉・表情に表れる。
  • マンダラチャートの活用(物事に対して考え、整理し、情報の共有をし表現するツールとして)。
  • モチベーションの上がる法則や人を動かす言葉の使い方を知ることができた。
  • 社内研修の材料が得られた。自分のモチベーションアップに繋がった。
  • 目標達成するには、チームが自分の役割を理解していること。リーダがチーム員を信頼すること。常にコミュニケーションをとること。
  • 自分のチームに活かせそうな話を聞くことができた。
  • 部下への接し方を大切にしたい。
  • 会議などでの言葉遣いが非常に参考になりました。スタッフの心理などよく考えたいです。
  • どこにゴールを設定するか。(浅田真央選手とキム・ヨナ選手の例)
  • 指導や育成はテクニックではなく、最初にどのような前提で接するかが大事だということを知りました。
  • 言葉の持つ力というものを教えていただきました。特に最後の動画はすばらしかったです。
  • 人への接し方・行動で気をつけなければならないことについて。
  • 後輩・外注の方に対する接し方が今まで間違っていたと気づいた。以後、今日の研修を活かしたい。
  • 人に対する話し方や聞き方。「ありがとう」と言っていないことに気づいた。
  • リーダーとして前提がわかった。
  • 人に合わせた接し方が必要であること。それを引き出す方法。

(5) 今後どのようなテーマでの研修会をご希望されますか?
  • メンタルヘルス、NLP、SEの評価について。
  • 人材育成では、「チームビルディング」「叱るスキル」。
  • 同じ内容の研修を他の社員にしてほしい。
  • マネジメント関係。
  • NLPを深堀りした研修テーマがあれば参加したいです。
  • 今回のような人材育成の研修会をもっとやっていただきたいです。
  • コーチング。
  • 同じようなテーマで若手向けの研修会全社員に向けての研修会。
pagetop