中国・四国NUA

第11回 中国・四国NUAユーザーシンポジウムin岡山

TOPご挨拶プログラムプログラム詳細アクセス地図お申込みお問い合わせ

ワークショップ

真のビジネスパートナーを目指して
『本音で語ろうもの申す会』
NUAならではの、会員とNECグループとの双方向の意見交換の場です。
NEC、NECシステムテクノロジー株式会社、NECフィールディング株式会社の幹部が出席しますNECに対して製品・サービスの改善を求めたり今後の方向性を確認できる場です。

対象者:NUA会員  経営部門/情報システム部門/経理部門などの管理者を対象とします。
昼食はご用意しております。
*お申し込み頂いた皆様へは、NECグループへのご提言、ご質問,NUA活動などについてのご意見を 頂戴するアンケートを別途送付しますので、1/14(木)までに事務局あて返送くださいませ。
中国NUA IT研究会 成果発表
オハヨー乳業株式会社 大川 貴司 氏
財団法人倉敷中央病院 山下 克久 氏
今年度、中国NUAのIT研究会では
『ITを活用した企業のコスト削減についての研究』〜正面突破のコスト削減〜
をキーテーマに5回シリーズで開催しました。
参加会員各社が抱える固有の課題について、メンバー間で事例討議を交わしながら改善研究を行ってきました。
また、その研究成果は各社にて評価、検証の場へと活用してまいります。
pagetop
平成21年11月5日に東京国際フォーラムにて開催された C&Cユーザーフォーラム& iEXPOにて表彰されました
NUA論文 最優秀賞
マツダにおけるサーバー仮想化技術の適用
〜集約ポリシーとP2V方式を核としたサーバー仮想化への挑戦〜
マツダ株式会社 システム企画統括部ITインフラGr 
マネージャー  岡原 俊幸 氏
マツダ株式会社では、サーバー台数の急増や既存ハードウェアの大量保守切れなどの課題を低コスト・短納期で解決するために、サーバー仮想化技術を採用。
本論文では、仮想化適用のロードマップや集約ポリシーの策定、P2V方式による移行方式の採用など適用上のポイントと、仮想化の成果、課題、今後の活動についてご紹介します。
pagetop

NEC講演

「衛星(ほし)に願いを」
〜ものづくり−科学技術の進歩と安心安全な社会の実現への貢献〜
NEC東芝スペースシステム株式会社 技術本部光学センサグループ
マネージャ 石田 十郎 氏
NECの宇宙事業は、1970年に打ち上げられた日本初の人工衛星「おおすみ」はじめ、通信・放送、地球観測や科学研究・惑星探査など50機を越える人工衛星や、衛星に搭載する装置、衛星の運用を支援する地上システムなど幅広い分野で実績を上げ、日本の宇宙開発の発展とともに成長してきました。今回は、月面をくまなく探査した「かぐや」、地図作成や災害状況把握に活躍する「だいち」、温室効果ガスの観測に活躍する「いぶき」に搭載した観測センサ「TANSO」など、近年のNECの宇宙事業のトピック中心に、我々のものづくりの一端をご紹介します。

特別講演

写真:加藤 千洋 氏
「中国から見た日本」
〜変貌する中国社会と経済情勢〜
朝日新聞編集委員 加藤 千洋 氏
【講師プロフィール】
1947年9月30日、東京生まれ。
1972年 東京外国語大学卒業、朝日新聞社入社
北京特派員、AERA編集部記者、論説委員、アジア総局長(バンコク)、中国総局長(北京)などを経て2000年6月から外報部長、2002年から現職(編集委員)。
この間、中国遼寧大学研究生(80年〜81年)、米ジョンズホプキンス大学SAIS客員研究員(93年〜94年)、「報道ステーション」(テレビ朝日系)コメンテーター(04年〜08年)などをつとめる。
一連の中国報道で99年度ボーン上田記念国際記者賞、朝日新聞連載「テロリストの軌跡」の企画で02年度日本新聞協会賞を受賞。
昨今、中国経済が復活を果たすニュースが流れておりますが、その背景や状況を踏まえ、世界から見た 中国の位置付けなどを織り交ぜながらお話頂きます。
また、グローバル展開する日本の企業にとっての注意点なども、お聞かせ頂く予定です。
pagetop
プライバシーポリシーCopyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.