NUA WORLD 中部NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成24年度

リーダー研修会
ロジカルシンキング研修

開催日時 2012年10月18日(木) 9:15〜16:30 (開場9:00) 
会場 静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」 904会議室
対象 中堅社員、PJのリーダー、もしくは候補の方
定員 30名
※お申し込み多数の場合は、複数名お申込の会員様につきまして調整させていただきますのでご了承願います。
※ご参加いただけない方には事務局からご連絡申し上げます。
参加費 無料
申込締切 2012年10月12日(金)※定員となり次第、締め切らせて頂きます。
概要
テーマ: ロジカルシンキング研修
講師: 株式会社日本コンサルタントグループ
原田 明人 氏
<講師プロフィール>
株式会社日本コンサルタントグループ入社後、営業本部、情報ビジネス研究所を経て、現職。
経営改善指導、ソリューション営業強化、思考力系研修など幅広いテーマで実績多数。
研修内容

環境変化のスピードが目まぐるしい昨今、組織を取り巻く問題は複雑化・多様化しています。
いまビジネスマンに求められるのは、問題を的確に・素早く解決するための「考える力」の強化です。
本研修では演習を通じて、物事を論理的に考えるスキルを強化します。具体的には、職場の同僚や顧客に、論理的にわかりやすく伝えるスキルや、事象を構造的に捉え、職場の問題解決を図ったり、問題に対する解決策を立案するスキルを習得します。

テーマ 内容

◆オリエンテーション

ねらい、進め方、スケジュール

1. 論理的に考えるとは

  • 論理展開の基本要素(帰納法と演繹法)
  • ケーススタディ「論理展開の練習」

2. 論理を構造的に捉える

  • 論理を構造化して捉える
  • 構造的で説得力のあるプレゼンテーション
  • ケーススタディ「主張の構造化の事例」

3. 因果関係を捉える

  • 事象の因果関係を明らかにする
  • 問題解決での原因を追究するスキル
  • ケーススタディ「因果関係を捉える練習

4. 事象を構造的に捉える

  • 事象を整理分類して考える
  • 分類とフレームワークを活用した問題解決
  • ケーススタディ「職場の問題解決」(解説)

5. 総合演習

  • ロジカルシンキングの統合的な活用
  • ケーススタディ「ビジネス事例と提案(H社の経営改革)」

◆研修の振り返りとまとめ

担当委員 山田委員 (静岡情報処理センター)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局 (加美・遠藤)
TEL:054-254-4793  FAX:054-254-3385

このページの先頭へ