会合 平成19年度

第2回定例会
開催日時 平成19年9月6日(木) 14:00〜17:00
会場 ホテルセンチュリー静岡
静岡市駿河区南町18-1
TEL:0545-284-0111(代)
対象 情報システム、総務、企画部門〈関連部門にも是非ご案内下さい〉
申込締切 8月31日(金)
概要
平成19年度第2回定例会では利用の拡大が進むRFID(ICタグ)の活用について事例を交えた紹介と、内部統制のがらみもあり、より一層の強化が求められている情報セキュリティや運行コストを如何に抑えるかという、常に情報システム部門につきまとう課題について、そのひとつの答えとして注目を集めています「サーバ統合」「クライアント統合」をテーマに取り上げます。
【テーマ1---14:00〜15:20】
テーマ 『実用化されたRFIDの最新動向と活用事例』
〜情報のリアルタイム化と情報の高品質化へ〜
講師 NEC RFIDビジネスソリューションセンター長 今井 文明 氏
RFIDは今年をブレークポイントに、物流・流通領域での活用機会の拡大に加え、様々な業種における認証・セキュリティ・資産管理等での活用領域の多様化が予測され、サプライチェーンに新たな付加価値を生み出す技術として注目度も高まっています。
RFIDが企業情報にもたらすものは何か。今回はRFIDの最新の技術、市場動向とNECのソリューションを事例を交えてご紹介します。
【テーマ2---15:30〜17:00】
テーマ 『ITプラットフォーム環境の最適化に向けて』
〜仮想化技術を活用したサーバ統合/クライアント統合〜
講師 NEC マーケティング本部
マネージャー   四宮 弘貴 氏
主任 一本木 亮 氏
現在の情報システムに欠かせない重要な条件として「セキュアなシステム」であること、尚且つ、そのシステムが「ローコストで運用」できることが必要となっています。そしてそれを実現する有効な技術として「仮想化」が注目を集めています。
今回は仮想化技術を活用して実現する代表的なソリューションである「サーバ統合」「クライアント統合(仮想PC型シンクライアント)」について最新の技術、市場動向とNECのソリューションを事例を交えてご紹介します。
担当委員 山田 委員(静岡情報処理センター)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
担当:伊藤(NEC 静岡支社内)
TEL:054-254-4948  FAX:054-254-4804
pagetop