NUA WORLD 中部NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成28年度

若手研修会
主体性発揮研修

開催日時 2016年7月6日(水)  9:30〜17:00 (開場9:00)
会場 NEC東海支社 1F コンベンションホール
名古屋市中区錦1-17-1
対象 入社1〜3年目程度
定員 30名
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
参加費 無料
申込締切 6月29日(水)
概要
講師: 株式会社インソース  亀田 耕司 氏

慶応義塾大学卒業後、三井生命保険に入社。その後、アリコ・ジャパンのキーアカウントマネージャーなどを経て2010年より現職。自治体、金融、民間企業などのマネジメント研修で幅広く活躍。
温かい人柄で語りかける研修が人気で自身の事例をふんだんに交えた研修スタイル。
その事例は職種、階層を問わず現場での実践につながる視点が数多く含まれていると受講者から人気を博している

セミナー内容

本研修では、若手社員としての立場・役割を認識し、現状の能力を踏まえて、これからの自分に求められる仕事への取り組み方を学ぶとともに、明日から即実行出来る目標を立てて頂きます。

テーマ 内容

1.これまでを振り返り、これからの役割を考える

(1)入社後1〜3年経った現在の自分を振り返る
(2)「得意なこと」「困りごと」
(3)多面的に考える〜立場を変えて、若手社員の役割を考える
(4)自分に求められる役割とは何か
(5)役割を積極的に受け入れる

2.仕事の目的を意識する

(1)何のためにその仕事を行うのか
(2)仕事の目的を常に意識する
(3)「目的」「目標」「手段」の違い
3.主体性を発揮するためのスキル①
〜判断基準
(1)主体的行動とは「判断」を人に委ねないこと
(2)ビジネスの基本となる判断基準〜QCDRS
(3)優先順位を決める判断基準〜重要度×緊急度
4.主体性を発揮するためのスキル②
〜仮説思考
(1)「先回りして考える」のが主体的行動の基本
(2)仮説をもって業務にあたる
(3)ギャップを知ることで改善・向上できる
(4)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
(5)仮説思考によるPDCAの進め方
(6)PDCAは繰り返してこそ意味がある
5.主体性を発揮して変革に取り組む (1)改善活動への取り組み 6つのルール
(2)身近な「もう少し」と、その原因を考える
(3)他の業界だったらどうなるか?を考えてみる
(4)「もう少し」を、どう変えていくか?改善への取り組み
6.「一人の取り組み」を「組織の取り組み」にする (1)上司や同僚、後輩を巻き込む力
(2)周囲を納得させるための目標設定
(3)目標を達成するために必要な8つの観点
(4)明日からの目標を考える
担当委員 杉本 典夫(NTPシステム株式会社)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局  担当:加美・池内・井上
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229

このページの先頭へ