NUA WORLD 中部NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成28年度

実践セミナー(第1回)
次世代を拓くIoTの世界〜IoT × ウェアラブル × ビッグデータ〜

開催日時

2016年5月27日(金)14:00〜16:40 受付開始(13:30〜)

会場 NEC東海支社 1F コンベンションホール
名古屋市中区錦1-17-1
定員 80名
対象 経営者、経営企画、総務部門、情報システム部門の責任者・担当者
参加費 無料
申込締切 5月20日(金)
概要
第1部 — 14:00〜15:30
写真1
テーマ: ウェアラブルコンピューティングの最前線
講師: “ウェアラブルの伝道師”神戸大学大学院
教授 塚本 昌彦 氏

<講演内容>
「ウェアラブルの伝導師」の異名を持つ神戸大学大学院塚本教授は14年前からHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を日常的に装着して生活されています。
本セミナーでは、塚本教授から最先端デバイスが導くビジネスの未来やその可能性についてご講演頂きます。

<プロフィール>
1987年3月  京都大学工学部数理工学科卒業
1989年3月  京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了
1989年4月  シャープ株式会社入社、研究開発に従事
1995年3月  大阪大学工学部情報システム工学科講師
1996年10月 大阪大学工学部情報システム工学科助教授
2002年4月  大阪大学大学院情報科学研究科助教授
2004年10月 神戸大学工学部電気電子工学科教授
2007年4月  神戸大学大学院工学研究科教授(電気電子工学専攻)現在に至る

第2部 — 15:40〜16:40
セッション1 : 現場の「見える化」から始めるデータ活用、そして「IoT」へ
講師: ウイングアーク1st株式会社 営業本部 GTM推進部
副部長  大畠 幸男 氏

<講演内容>
「IoT」の取り組みはどこから始めれば良いのでしょうか?それは、見える化の環境を構築する事がファーストステップとして重要であると考えています。具体的な見える化/カイゼン活動を実践された弊社お客様の事例と合わせ、これからの「IoT」に向けた取り組みや実現イメージを、デモンストレーションを交えご紹介いたします。

セッション2 : IoTデータの活用実現方法
〜InfoFrame Dr.Sum EAによるビッグデータ活用〜
講師: NECクラウドプラットフォーム事業部
マネージャー 田邉 史明 氏

<講演内容>
IoTデータの採取から見える化による利活用ソリューションの紹介をはじめ、 InfoFrame Dr.Sum EAのビッグデータ分析の性能評価情報などをご紹介します。

担当委員 八木 祥高 (株式会社中日新聞社)
杉本 典夫 (NTPシステム株式会社)
問い合わせ先 中部NUA事務局 加美・池内・井上
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229

このページの先頭へ