NUA WORLD 中部NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

実践セミナー(第1回)
「ここまで来た ネットワーク仮想化!」

開催日時

2013年5月24日(金) 14:00〜15:40 (開場 13:30〜)

会場 NEC東海支社 1F コンベンションホール
名古屋市中区錦1-17-1
対象 経営者、経営企画、総務部門、情報システム部門の責任者・担当者
定員 80名
参加費 無料
申込締切 2013年5月17日(金)
概要
第一部 — 14:00〜14:45
テーマ: 企業内LANへのオープンフローの応用
(大学病院の事例)
講師: 金沢大学附属病院 
教授・副院長(兼)経営企画部長  長瀬 啓介 氏

教育・研究・高度な医療の提供を担う大学病院は、医療機器や業務を情報システムに強く依存し、これに伴うネットワーク上の課題を抱えています。本セミナーでは金沢大学附属病院でのオープンフローを用いた対策の現状をご紹介します。

第二部 — 14:55〜15:40
テーマ: 「ネットワーク仮想化」というあらたな潮流
〜OpenFlowによるSDN(Software-Defined Networking)の実現〜
講師: NEC 企業ネットワーク事業部
エキスパート  砂田 圭一 氏

従来のネットワークのありかたを根底から変える、「SDN」コンセプト。NECは、SDNを具現化する技術である「OpenFlow」をもとに「ProgrammableFlow」を開発し、UNIVERGE PFシリーズとして、世界に先駆けて製品化しました。本セミナーでは、SDNの意義、ProgrammableFlowの特徴とメリット、応用例などにつき、お客様導入事例を交えながらご紹介します。

主催 中部NEC C&Cシステムユーザー会(中部NUA)・NEC東海支社
担当委員

安江 圭介 (NTシステム株式会社)
辻 剛史 (株式会社スターインフォテック)

問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局 (廣田・池内・井上)
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229

このページの先頭へ