中部NUAトップ > 会合 平成22年度 > 実践セミナー(第2回)
会合 平成22年度

実践セミナー(第2回)
『クラウドによるビジネス革新』
〜 クラウド事例とIT部門の目指す姿 〜

日時 2010年7月15日(木) 14:00〜16:30 (開場13:30)
会場 NEC 東海支社 1F コンベンションホール
対象者 経営者、経営企画、情報システム部門の責任者・担当者 等
定員 80名
担当委員 原口 賢一(住友軽金属工業株式会社)
渡辺 徹(CKD株式会社)
参加費 無料
お申込締切 7月8日(木)
概要
セミナー内容
IT技術は、TCO削減、ガバナンス強化、グローバル展開のスピードアップ等への貢献を求められています。その中、「持たざるIT」クラウドサービスという 新たなITの活用形態が出現しました。
クラウドサービスは多くのビジネスメリットを見出す一方、リスクや課題があります。
NECのクラウド事例などを通し、クラウドサービスの活用方法についてご紹介します。
【第一部---14:00〜15:00】
写真:上野 勝之
テーマ 『クラウド事例からみる企業向けクラウドへの取り組み』
〜 クラウド入門から活用まで 〜
講師 日本電気株式会社 ITサービス企画本部
グループマネージャ 上野 勝之
クラウドの基礎から最新動向までをご説明し、なぜ企業がクラウドに取り組むのか 解説します。
また、NECの経営システム改革や他社事例などを通して、組織・業務・システムの 観点から具体的にご紹介します。その経験を活用したNECのクラウド指向サービスプラットフォームソリューションの概要についてもご説明します。
【第二部---15:10〜16:10】
写真:栗林 利充
テーマ 『クラウドのビジネスメリットとIT部門が取り組むべき課題』
〜 IT部門が主導する経営改革〜
講師 日本電気株式会社 コンサルティング事業部
エキスパート 栗林 利充
クラウドコンピューティングは、新たな情報システムの所有形態であり、多くのビジネスメリットがある一方、考慮すべきリスクも多く存在します。
クラウドの活用のメリット、リスクを整理するとともに、IT部門が行うべき準備や、目指す姿についてご紹介します。
【質疑応答---16:10〜16:30】
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局(廣田・井上・樋田(トイダ))
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop