中部NUAトップ > 会合 平成21年度 > 実践セミナー(第5回)
会合 平成21年度

実践セミナー(第5回)
『安全・安心なビジネス環境を実現するためのセキュリティ』
〜IT環境の「見える化」と管理の「自動化」で、コストと業務のムダを削減〜

日時 平成22年2月16日(火) 14:00〜16:15
(開場13:30〜)
会場 NEC 東海支社 1F コンベンションホール
対象者 システム運用3〜4年程度以上のご経験の方、及び準ずる方
上記以外で企画部門、総務部門、経理部門などの方もご参加頂いて結構です。
担当委員 原口 賢一(住友軽金属工業株式会社)
渡辺  徹(CKD株式会社)
参加費 無料
お申込締切 平成22年2月12日(金)
概要
【セッション1---14:00〜15:00】
テーマ 『コンプライアンス強化における
 ログ管理の重要性とログの有効活用』
講師 NECソフトウェア北陸
第三ソリューション事業部 マネージャー 高江 茂 氏
情報漏えいの追跡、調査、JSOX法や監査対応など、今後はログ管理がますます重要になってきます。
コンプライアンス強化や、セキュリティ事故発生時の解析対応など、ログをどのように管理していれば、有効に活用できるのか?
このような疑問や悩みなどを解決するため、本セミナーでは、ログ管理の重要性とログの有効活用を実現できるソリューションについてご紹介いたします。
【セッション2---15:15〜16:15】
テーマ 『コンプライアンスと情報セキュリティにおける
 特権ユーザ管理の重要性とその対策』
講師 NECソフトウェア東北
事業推進部 主任 進藤 章治 氏
「コンプライアンス」と「情報セキュリティ」特にIT全般統制において重要性が高まりつつある「特権ユーザ」のアクセス管理を効率よく行うためのソリューションをご紹介いたします。

* 特権ユーザ
特権ユーザとは、OSやネットワーク機器、および業務アプリケーションに対し、システム全体へ制約なくアクセスができる管理者権限を持つユーザのこと。 システム運用上、あらゆるデータにアクセスしてデータを閲覧でき、それらの変更・削除はもちろん、改ざんや持ち出しも行える権限を持っています。
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局(下平・青木・井上・樋田(トイダ))
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop