中部NUAトップ > 会合 平成21年度 > 実践セミナー(第2回)
会合 平成21年度

実践セミナー(第2回)
「すぐそこにある脅威を知り、ビジネスの損失を発生させない為には!」
〜あなたの会社の事業継続計画、災害復旧対策は万全ですか?〜

日時 平成21年7月23日(木)14:00〜16:30
(開場13:30〜)
会場 NEC 東海支社 1F コンベンションホール
対象者 企画部門、総務部門、経理部門、情報システム部門 等
担当委員 原口 賢一(住友軽金属工業株式会社)
渡辺  徹(CKD株式会社)
参加費 無料
お申込締切 7月16日(木)
概要
【セッション1---14:00〜15:00】
テーマ 『二度の地震体験から得た情報システム災害対応の教訓と提言』
講師 新潟富士ゼロックス製造株式会社 経営管理部 経営革新グループ 情報システム統括マネジャー 酒井 健介 氏
2004年、2007年と二度(新潟県中越地震 中越沖地震)に渡り地震の被災をした新潟富士ゼロックス製造様、幅広くレーザプリンタを開発・製造している同社がどのような被災を受け、対処したか。
また実体験に基づき、災害対策の効果の検証・初期行動のあり方・安否確認・被災確認の情報セキュリティ確保などの実践的な対策を紹介していただきます。 さらにBCP(Business Continuity Planning 事業継続計画)についても検討を重ねている中、いかに取り組み実効をあげるか体験者の視点で考え方を述べていただきます。
【セッション2---15:15〜16:30】
テーマ 『BC/DR(事業継続・災害復旧対策)の最新動向』
講師 NEC システムソフトウェア事業本部 ITプラットフォームソリューション事業部 エキスパート 杉本 雅之 氏
近年、災害等によるビジネス停止による企業への影響は、その停止時間と共にその損失額も膨大になると予想され、対策検討が進みつつあります。そのような中、新型インフルエンザによるパンデミック対策も現実的なものとなり、震災等に対するBC/DR(Business Continuity/Disaster Recovery)の認知度・重要性は向上しております。
NECでは、ユーザ事例、考え方・導入方法・マネジメント・ITの重要性等のポイントについてご紹介いたします。
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局(下平・青木・井上・樋田(トイダ))
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop