中部NUAトップ > 会合 平成21年度 > 実践セミナー(第1回)
会合 平成21年度

実践セミナー(第1回)
「世界を巻き込んだ激変の時代を乗り越え、打ち勝つために!」
〜第一人者が語る、業務「見える化/可視化」の実現方法〜

日時 平成21年5月27日(水)14:00〜17:00
(開場13:30〜)
会場 NEC 東海支社 1F コンベンションホール
対象者 企画部門、総務部門、経理部門、情報システム部門 等
担当委員 原口 賢一(住友軽金属工業株式会社)
渡辺  徹(CKD株式会社)
参加費 無料
お申込締切 5月20日(水)
概要
【セッション1---14:00〜15:30】
写真:匠 英一 氏
テーマ 『難局を乗り越えるためのIT戦略!』
〜収益の仕組みを革新する”顧客見える化”への挑戦!〜
講師 デジタルハリウッド大学
デジタルコミュニケーション学部 教授
見える化経営協会(LLP)会長  匠 英一 氏
CRM(顧客管理)導入をした100社以上の優良企業の現場調査の経験や、プロ育成で5,000名以上を指導してきた実績から語る経営革新の内容です!
まずあなたの会社についてお尋ねします。
(1)「顧客のクレーム率が高いですか?」(2)「社員の退職率が高いですか?」
この質問に当てはまる企業が急増中なのですが、片方を改善しても効果は期待できません。
この2つは、その企業特有の”仕組み”の中に埋め込まれ、相互に関連しているからです。
そこに気づかない企業には最新のITも無力です。十分なIT投資もし、営業努力もしているにもかかわらず業績が上がらない企業には、悪循環を産み出す”仕組み”があるのです。
いかにすれば善循環に転換できるのか?その突破口が“顧客見える化”ということ。
そのメソッドをわかりやすい事例と合わせて紹介します!

◆講師プロフィール
和歌山市生まれ。東大大学院教育学研究科を経て東大医学部研究生修了。
90年株式会社認知科学研究所代表取締役、03年早稲田大学客員研究員、05年デジタルハリウッド大学教授、08年見える化経営協会LLP会長に就任。また、財団法人中央職業能力開発協会の中央試験委員、CRM協議会事務局長など、他に異業種団体10件を創設し、大手メーカや小売企業の経営革新、eビジネスを日本商工会議所や大手IT企業と協力しながら全国レベルで支援する。現在は大学と複数のベンチャー役員を兼務しながらマーケティングと人材能力開発、eラーニング、CRM構築などコンサルに従事する。
著作には 「顧客見える化」、「カスタマーマーケティングメソッド」(訳)、 「心理マーケティング」、「意識のしくみを科学する」等、他に心理学の専門家 としてもTVレギュラ出演多数あり。
【セッション2---15:45〜17:00】
テーマ 『NECの情報管理活用ソリューション』
〜情報ギャップの解消で実現するスピード経営〜
講師 NEC 第一コンピュータソフトウェア事業部グループマネージャー 里見 明彦氏
企業内に蓄積されるデジタル情報は21世紀に入って爆発的に増加し、その情報の中から企業の活動に役に立つ情報をいかに探し出して活用するかが、今後の企業の発展の鍵となっています。
本セッションでは、NECの考える情報管理・活用のあり方をご紹介するとともに、その実現例としてNECグループ15万人が利用する「企業内情報検索」システムによる情報活用力の強化事例や「企業内情報の可視化」システム構築のポイントについてご紹介いたします。
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局(下平・青木・井上・樋田(トイダ))
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop