中部NUAトップ > 会合 平成20年度 > システム事例研修会(視察)
会合 平成20年度

システム事例研修会(視察)
期日 平成20年9月9日(火) 14:00〜17:00
見学先 鈴鹿富士ゼロックス株式会社様(三重県鈴鹿市伊船町1900番地)
テーマ 「工場における見逃されがちなプロセスの電子化」事例紹介
今日、多くの企業において、基幹システムの再構築や情報系システムの整備は概ね完了し、さらには3D-CAD、PDMやPLMといった設計と製造を結びつける分野の情報化も進んできました。鈴鹿富士ゼロックス殿においても、同様に、一通りの分野の整備は完了しています。
しかし、工場という視点でみると、まだ手がけてない隙間の分野があることに気づき、改善・整備を継続推進中です。
たとえば、オフィス以外の工場ラインに目を向けると進捗管理システム、払出指示システムなど、それなりに電子化がされてはいますが、実はまだまだ紙の情報も氾濫しています。たとえば、コピー、プリンター、スキャナなどの機能を一体化させた複合機を出荷するまでには、多くの検査項目があり、これらは出荷検査書という紙を作成し保管しています。この出荷検査書は膨大な量のため保管場所や検索に時間がかかる等の問題がありましたが、検査項目の追加、削除などの変化に対応するためには、紙の使い勝手の良さは無視できませんでした。
この課題を解決するために、出荷検査書をスキャン(イメージデータ化)し、電子情報と組み合わせて、出荷検査書の電子化を実現。スキャンという手段に電子情報を組み合わせることで、大変柔軟性をもったシステムを構築しました。
今回のシステム事例研修会(視察)では、複合機ApeosPortを使った「出荷検査書の電子化システム」、海外工場と不良品を共有しながら問題解決が図れる「実物ベース遠隔コラボレーションシステムLightCollabo」などについて、工場現場見学を交えてご紹介頂きます。
対象者 情報システム部門、生産技術部門、生産管理部門、品質管理部門、総務部門 等
集合場所
及び時間
NEC中部ビル正面玄関前
12:30(予定) *貸切バスにて視察先へ移動
視察スケジュール 14:00〜17:00
  1. 会社概要、本社工場の紹介
  2. 「工場入退場セキュリテイシステム」事例紹介
  3. 「工場における出荷検査書の電子化」事例紹介
  4. 「実物ベース遠隔コラボレーションシステムLightCollabo」事例紹介
  5. 工場現場見学
  6. 質疑応答
参加費 2,000円/1人(消費税込)を申し受けます。
解散場所
及び時間
NEC中部ビル正面玄関前
18:30(予定)
定 員 30名(先着順とさせていただきます)
お申込締切 8月26日(火)
後日、詳細のご案内を送付させていただきます。
注:見学先のご意向により場合によっては参加をお断りさせていただくことがございますので予めご了承ください。
担当委員 宮田 明和(日本特殊陶業株式会社)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop