中部NUAトップ > 会合 平成19年度 > 実践セミナー(第6回)BPM(Business Process Management)実践セミナー
会合 平成19年度

実践セミナー(第6回)BPM(Business Process Management)実践セミナー
〜事業活動の「見える化」から始まる事業プロセスの革新と企業経営システムの最適化を目指して〜

日時 平成19年12月19日(水)14:00〜16:30 (開場13:30〜)
会場 NEC中部支社 1F コンベンションホール
対象者 企画部門、情報システム部門 等
担当委員 荒瀬 進(株式会社スターインフォテック)
参加費 無料
お申込締切 12月12日(水)
概要
【セッション1---14:00〜15:00】
テーマ 『BPMの動向とソリューションのご紹介』
講師 NECトータルインテグレーションサービス株式会社
CGAAソリューション推進本部グループマネージャー 原 健一 氏
BPMは近年、多くの企業で「事業活動自体や現状の業務プロセスを見える化」し、プロセスを最適化又は効率化したい、そして成長に向けて企業競争力を向上させる実現手段として注目されるようなってきました。また、IT技術や標準化が進み、幅広く扱えるものになりつつあります。
本セッションでは、BPMの考え方や進め方、最近の動向等を含めて実際のソリューションをご紹介します。
BPMは企業活動の実態を業務プロセス図等により可視化する事から始まります。佐世保重工業様で導入され、大きな効果を発揮したBPMソリューション「CGAA/ARIS」の概要とその特長についてもご紹介します。
【セッション2---15:15〜16:15】
テーマ 『BPMによる業務革新と全社最適化への取り組み』
講師 佐世保重工業株式会社 佐世保造船所
情報システム部長兼総務スタッフ部長 岡村 不二夫 氏
佐世保重工業様では、BPMを使い「資材・原価システム」の業務プロセスを徹底的に可視化する事によって、大幅な効率化を実現されました。
業務プロセスの「見える化」が社員の意識改革と業務革新を実現し、新システムの構築と相まって情報リードタイムの短縮、迅速な経営判断が可能となったものです。
本セッションでは、業務改革の視点を中心に、業務プロセスのモデル図(As-Is⇒To-Be)の例等も含め、具体的なBPMの進め方をご紹介頂きます。
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop