中部NUAトップ > 会合 平成19年度 > 実践セミナー(第2回)〜企業会計の動向と「二大制度改正」のご紹介〜
会合 平成19年度

実践セミナー(第2回)〜企業会計の動向と「二大制度改正」のご紹介〜
日時 平成19年6月20日(水)14:00〜16:30(開場13:30〜)
会場 NEC中部支社 1F コンベンションホール
対象者 経理部門、企画部門、情報システム部門 等
担当委員 荒瀬 進(株式会社スターインフォテック)
参加費 無料
お申込締切 6月13日(水)
概要
【セッション1---14:00〜15:00】
テーマ
『環境変化を踏まえた、財務会計プロセス改革の方向性について』
講師
専修大学 大学院商学科 客員教授 青柳 六郎太
新会社法、日本版SOX法、四半期決算、リース会計基準変更、棚卸資産低価評価など、企業会計をとりまくルールが逐次変化していきます。制度変革に対応して、連携する基幹系プロセスを含む財務会計プロセスの見直しと統合的な内部統制の仕組みづくりが急がれます。本セッションでは、日本版SOX法以降の経理財務業務効率化および品質向上に関する重要な要件を、経理スタンダード機構のチェックリストなどを参照しながら、課題と改革の方向付けを提起します。
【セッション2---15:15〜16:30】
テーマ
『固定資産「2大制度改正」と情報システム対応課題』
講師
株式会社プロシップ 安達 知可良
先般、政府より「平成19年度税制改正大網」が公表され、減価償却制度が40年ぶりに大幅な見直しとなりました。本セッションでは、減価償却制度改正およびリース・オンバランスの「二大制度改正」について分かりやすく解説いたします。
減価償却制度改正:償却可能限度額及び残存価値の廃止
⇒減価償却方法の変更
*2007年4月以降の決算月までに対応が必要
リース・オンバランス(リース会計基準改正):所有権移転外ファイナンスの例外規定廃
⇒リース物件の減価償却計算が必要
*2008年4月1日から対応Gは必要(3月末決算の場合)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop