中部NUAトップ > 会合 平成19年度 > 実践セミナー(第1回)〜RFID&センシング動向と活用事例〜
会合 平成19年度

実践セミナー(第1回)〜RFID&センシング動向と活用事例〜
日時 平成19年5月29日(火)13:30〜16:30
(開場13:00〜)
会場 NEC中部支社 1F コンベンションホール
対象者 企画部門、情報システム部門 等
担当委員 石原 靖也(日本車輌製造株式会社)
参加費 無料
お申込締切 5月22日(火)
概要
【セッション1---13:30〜14:30】
テーマ
『RFID&センシング活用による新市場創造』
講師
NECマーケテイング本部 マネージャー 枡渕 吉弘
RFIDの活用が急速に普及する中で、さらに高度なセンシング情報を取得活用し、現場の業務効率や新ビジネスへの取組みが加速しております。
本講演では、これら高度なセンシング情報を如何に活用したらよいかを事例を交えて紹介致します。
【セッション2---14:45〜15:30】
テーマ
『流通過程での品質管理を手軽に実現!
温度・湿度・衝撃管理トレーサビリティ』
講師
NEC第二国内SI推進本部 主任 小笠原 温
温度、湿度、衝撃センサを搭載したセンサタグを活用して、流通過程での輸送状態を確実に記録蓄積し、食品業界をはじめとした現場のきめ細かい品質管理とリスクマネジメントに貢献するソリューションについて、生鮮品輸出における大分県様との取組事例を交え紹介致します。
【セッション3---15:45〜16:30】
テーマ
『NECパソコン事業SCMへのRFIDの活用事例』
講師
NECパーソナルプロダクツ グループマネージャ 若月 新一
2004年から部材調達、生産管理、品質トレーサビリティにRFIDの活用を拡大してきました。2006年末にはUHF帯の本格活用も開始しています。これらにより効率化を実現した事例をご紹介します。
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2229
pagetop