中部NUAトップ > 会合 平成18年度 > 実践セミナー(第2回)「事例から見たセキュリティ対策」
会合 平成18年度

実践セミナー(第2回)「事例から見たセキュリティ対策」
開催日時 平成18年6月22日(木)14:00〜16:00
(受付開始13:30)
会場 NEC中部支社 1階 コンベンションホール
対象者 企画部、総務部、情報システム部 等
参加費 無料
申込締切 6月15日(木)
概要
【セッション1---14:00〜14:50】
テーマ
『事例からみたセキュリティ対策 社員証ICカードによるセキュリティ対策』
講師
NEC 市場開発推進本部 セキュリティグループ
エキスパート 三上 明子
個人情報保護法の施行、日本版SOX法の導入などにより企業にはこれまで以上に誰がいつ何をしたかを把握することが求められます。更に内部統制強化の一環として、確実な本人認証によるセキュリティ統制も重要となります。
ICカードの導入により、厳密、スピーディな本人認証と、企業内の個人認証基盤の構築を実現したNECの社員証ICカード導入事例を通し、これまで課題であった「社内セキュリティの統合管理」、「セキュリティ対策の段階的導入」に対するNECのアプローチを解説します。
【セッション2---15:00〜16:00】
テーマ
『フィジカルセキュリティソリューション導入の効果を考える』
講師
NEC UNIVERGEソリューション推進本部
ブロードバンドセキュリティ推進部 部長 北風 二郎
企業活動を支える人、物、情報。ユビキタス環境の推進が活動の場を拡大させるとともに、この自由な空間を支える新たなセキュリティソリューションへのアプローチが必要となってきています。本セッションでは、入退室の認証と社内ネットワークや情報システム(端末やプリンター)などの利用時の認証を連携して、情報流通を人の動きを含めて「見える化」することで危機管理を強化するとともに効率化、CS向上にまでつながるNECならではのセキュリティへの新たなアプローチをご紹介いたします。
担当委員 石原 靖也((株) 日車ビジネスアソシエイツ)
問い合わせ先 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:052-222-2148  FAX:052-222-2228
pagetop