会合 平成18年度

中部NUA40年記念海外研修(ロシア・中欧)
開催日時 平成18年5月27日(土)〜6月4日(日)
研修コース セントレア→ロシア(サンクトペテルブルグ)→チェコ(プラハ)→ハンガリー(ブダペスト)→セントレア
参加メンバー 20名(14社)

研修を終えて(報告書巻頭言より)
写真 団長 今尾 圭久(ニチハ株式会社)
今回の海外視察は、旧体制から移行して10年余を経過し国際社会との連携を進めているロシア・チェコ・ハンガリーの最新経済状況やITインフラ整備状況、今後の日本との関わり合いの可能性等を肌身で感ずることができればと企画されたものでした。
トヨタ・日産の進出やG8会議の開催などで注目を集めている「サンクトペテルブルグ」積極的な外資導入政策で日系企業の進出が進む「プラハ近郊」、人的資源と地理的優位さを生かして中・東欧の中枢となりつつある「ブダペスト」、と駆け足の視察ではありましたがロシア・中欧の「今」をかいま見ることができ、再生に向かっている力強い躍動感と今後への期待を団員全員が実感することができました。
研修内容

NEC Neva社、Advance North-west社訪問(サンクトペテルブルグ・ロシア)
NEC-Neva社はハイテク分野で最初の日露合弁企業であり、工場見学もしました。地球を半周するような広大なロシアでの通信網敷設の歴史(NEC社のご活躍)や通信事情特性と最近のデジタル化・携帯電話事業の急拡大の状況、携帯事業者の寡占化・政府系通信会社民営化の動きなど、今後の可能性につきお話を頂きました。ロシアでも若者を中心に携帯文化や携帯コンテンツの発展が見込めることや通信の自由化・開放が体制に与える影響など考えさせられることが多々ありました。その中で、Advance North-West社は、NECの代理店として主に通信機器の販売・工事・保守を行っており、マーケットの実態についてお聞きしました。

Toyota Peugeot Citroen Automobile Czech(TPCA)社訪問(コリーン・チェコ)
TPCA社はトヨタ自動車(日本)とプジョーシトロエングループ(仏)との合弁会社で従業員はチェコ人です。経営概況やIT環境のご説明を受けた後、工場見学を行いました。

NECヨーロッパ社ハンガリー支店、JETRO訪問(ブダペスト・ハンガリー)
NECヨーロッパハンガリー支店では、中・東欧14ヶ国に渡る広域商圏の中心としてのハンガリーの優位性や有力キャリア事業者の勢力図・その中での同社の経営戦略を伺いました。需要家に対する保守サービスの重要さや今後の3G携帯端末に期待していることなど国境を越える事業の難しさと、反面本質的には日本と同じ状況も感じられました。
JETROの小林所長様からは、ハンガリー人の国民性は穏やかで控えめであり日本人に類似している事、また親日派である事、日本からの中東欧投資額累計ではハンガリーが1位である事、さらなる交流が拡大している事など興味深いお話を聞く事ができました。

写真
NEC Neva社
写真
Advance North-west社
写真
TPCA社
写真
NECヨーロッパ社ハンガリー支店
ご案内:
 「中部NUA40年記念海外研修(ロシア・中欧)報告書」が完成しました。
 ご希望の方は、中部NUA事務局までご連絡をお願い致します。
お問い合わせ 中部NEC C&Cシステムユーザー会事務局
担当:真田・斉藤・井上・樋田(といだ)
TEL:052-222-2148 FAX:052-222-2228
pagetop