ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. 最新情報一覧
  5. NISMAIL新規製品リリースとリビジョンアップのお知らせ(2009/04/01)
ここから本文です。

2009年4月1日 NISMAIL新規製品リリースとリビジョンアップのお知らせ

一覧

2009年4月8日より下記『NISMAIL V6.0』シリーズ製品のリリースを開始します。

  • 『NISMAIL/UX(Solaris64版) V6.0』
    64bit版Solaris にネイティブ対応した NISMAIL です。

    ※今回、新規にサポートしたプラットフォーム向けの製品となります。

また、その他の『NISMAIL V6.0』シリーズ各製品についてリビジョンアップを行います。対象製品は次の 6製品です。

  • NISMAIL/UX(HP-UX版 IPF対応) Version 6.0
  • NISMAIL/UX(Solaris版) Version 6.0
  • NISMAIL/Linux Version 6.0
  • NISMAIL/Linux(x64版) Version 6.0
  • NISMAIL/NT Version 6.0
  • NISMAIL/NT(x64対応) Version 6.0

今回、xtconv2 の性能改善を行っています。また、NISMAIL/UX(Solaris版) 及び NISMAIL/Linux では下記の機能追加・改良も行っています。

  • 他の V6製品では既に実装済です。

動作環境の拡充

NISMAIL/Linux が Red Hat Enterprise Linux 5 に対応しました。

ファイル転送機能の改良

  • 同報転送機能
    メールボックスに投入された 1つのファイルを指定した複数の相手へ送信する機能を実装しました。
  • SCC ノードグルーピング機能
    SCC の送信転送において、転送相手先ノードをグループ化して、そのグループ単位に転送多重度の制御が可能となる機能を実装しました。

コード変換機能の拡充

Unicode(UTF-8、UTF-16) にも対応した、フォーマット参照型コード変換機能2(xtconv2) を実装しました。

ページの先頭へ戻る