ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. NISMAILRUJE
  5. 特長/機能
ここから本文です。

NISMAILRUJE - 特長/機能

リモートコントロール型ファイル転送

NISMAILRUJE では、各製品毎にサーバ機能、クライアント機能を同梱しており、ファイル転送(送信/受信)、サーバ側アプリケーションの実行などの処理をクライアント側から要求・管理するリモートコントロール型のファイル転送を実現しています。

NISMAILRUJEクライアント機能で実行可能な要求(コマンド)

  • リモートアプリケーション実行要求(RUN
    サーバ側リモートアプリケーションを起動する要求。
    起動したアプリケーションの終了を待ち合わせる同期モードと起動した時点で要求を終了する非同期モードを選択可能。
  • データ送信要求(PUTFTRAN
    クライアント側からサーバ側へデータを送信
  • データ受信要求(GET
    サーバ側データをクライアント側で受信
  • ジョブ実行状態表示要求(DISP
    サーバ側のジョブ実行状態を表示

簡易なユーザーインターフェース

特別な運用定義は必要とせず、各プラットフォームの標準的なスクリプト知識があれば環境構築が可能です。
この事により、適用システムが求めるファイル転送、アプリケーション連携の運用条件への柔軟な対応が可能となっています。
また、ftpライクな会話型インターフェースも有しており、突発的でイレギュラーなオペレーションなどにご活用いただけます。

信頼性の高いアプリケーション間連携

独自の転送手順を採用し、送信側/受信側におけるデータの整合性チェックを行うため、確実なデータの送受信を行います。
加えて、異常発生時のクライアントリカバリ機能(クライアントコマンドのステップ再実行やレジューム転送)によって、運用性の高いシステム間連携環境の実現に貢献します。

ページの先頭へ戻る