ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. NISMAIL
  5. 特長/機能
  6. 暗号化転送機能
ここから本文です。

NISMAIL - 暗号化転送機能

転送ファイルの暗号化/復号及びデジタル署名の添付/検証を行う機能です。

暗号化転送機能

  • RSA の電子鍵方式を採用し、共通鍵もしくは公開鍵方式の選択が可能です。
    加えて、Version 8.0 Release 3.0より、高性能で強固な共通鍵暗号化方式(AES/TWINE)を導入しました。
  • 業務アプリケーション内で暗号化/復号するためのコマンドおよび API を提供します。
  • デジタル署名機能を実装しており、データ送信者の確証及びデータが改鼠されていない事の証明も可能です。
  • 暗号化転送により、これまでファイル転送に適用できなかったネットワークにおいても安全なファイル転送を行うことが可能です。
  • 暗号化機能を使用したファイル転送を行う場合は、送受信側双方に暗号化機能対応のNISMAILが必要です。暗号化方式にAES/TWINEを使用する場合は、Version 8.0 Release 3.0以降が必要です。
  • 公開鍵暗号化方式を使用する場合は別途電子証明書を取得しておく必要があります。
  • 暗号化機能に対応しているNISMAILはHP-UX, Solaris, Linux, Windowsの各サーバ製品です。ただし、バージョン・リビジョン等によって暗号化機能に対応していない場合がありますので、ご注意下さい。

RSA は、米国 EMC Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る