ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. NISMAIL
  5. 特長/機能
  6. サーバ間自動転送
ここから本文です。

NISMAIL - サーバ間自動転送

サーバ間自動転送とは

NISMAIL サーバ(ACOS-4、UNIX、Windows Server、Linux)双方向で行う自動ファイル転送です。

※ ACOS-4(NISMAIL/MMCF)間は除く

  • NISMAIL は各々のメールボックス間で自動的にファイル転送を行います
  • 業務アプリケーションは各々のメールボックスに対し送信ファイルの登録、もしくは受信ファイルの抽出を行います

オープン系サーバ間の連携イメージ

オープン系サーバ(UNIX、Windows、Linux)間の自動ファイル転送イメージ

  • 業務アプリケーションは NISMAIL 提供の業務アプリケーション作成支援コマンドセット(N-ARM)もしくはサンプルコマンドを使用するか、直接 API を組み込むことでメールボックスに対するデータ登録・抽出を行います
  • メールボックス間のデータ転送 はNISMAIL が自動的に行うため、業務アプリケーションは業務ロジックのみに専念することが出来ます

ACOS-4←→オープン系サーバ間の連携イメージ

ACOS-4とオープン系サーバ(UNIX、Windows、Linux)間の自動ファイル転送イメージ

  • ACOS-4 側業務アプリケーションは NISMAIL/MMCF 提供のサービス JCL マクロを組み込むことでメールボックスに対するデータ登録・抽出を行います

HTTPSオプションによるオープン系サーバ間の転送イメージ

HTTPSオプションによるオープン系サーバ(Windows、Linux)間の自動ファイル転送イメージ

  • NISMAIL/AD、NISMAIL Version 8.0 Release 1.0 のどちらかとNISMAIL/HTTPSオプションを組み合わせることでHTTPS通信によるセキュアな転送を提供します
  • NISMAIL/HTTPSオプションはNISMAIL Version 8.0 Release 2.0 より標準製品に含まれました

ページの先頭へ戻る