ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. NISMAIL
  5. 特長/機能
ここから本文です。

NISMAIL - 特長/機能

蓄積交換型ファイル転送(キューイング型ファイル転送)

NISMAILでは、メールボックスと呼ばれるキューイング領域に送受信データを一時格納する蓄積交換型ファイル転送方式を採用することでシステム連携における様々なメリットを生んでいます。

蓄積交換型ファイル転送(キューイング型ファイル転送)

1.業務アプリケーションとファイル転送の分離
業務アプリケーションとファイル転送のあいだにメールボックスを挟むことで処理フェーズが分離されます。NISMAILがデータの送受信処理を全面的に行うことで、業務アプリケーションは送信データの作成・受信データの使用のみに専念できます。
  • 業務アプリケーション構築コスト削減
  • システム間連携処理のシンプル化(独自コーディングが必要最低限)
  • 障害ポイントの減少
2.可能な限り自動化を目指したデータ転送処理
NISMAILが担うデータ転送処理は可能な限りオペレーションレスのシステム間連携を実現すべく、設計・実装されています。
  • 送受信データをメールボックス内で一意に管理するため、上書きを気にせず転送処理
  • ネットワーク障害、相手サーバ停止など接続不可の場合は永久リトライ
  • データ転送の手順はNISMAILオリジナルであり、その転送手順内で「送信データ=受信データ」の送達確認を実施
  • ネットワーク負荷、サーバ処理負荷を考慮した転送多重度制御や間欠転送機能
  • 利用者が意識せずにFirst In First Out(先入先出)の順序制御
3.メールボックスによる送受信データの保存
メールボックス内に必ず送受信データが保存されることにより、多くの運用メリットを生んでいます。
  • 送信失敗時の送信前処理の再実行や受信後処理異常時の再転送が不要
  • 意図的に受信データを蓄積し、受信後処理で一括使用
  • 複数種の受信データを1つの業務アプリケーションで処理する場合、定義のみで対応
  • 期間指定による簡易なバックアップ

機能一覧

ページの先頭へ戻る