ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NISMAILシリーズ
  4. NISMAIL V8
ここから本文です。

NISMAIL V8

2016年2月22日から NISMAIL が V8 へバージョンアップし、リリースを開始致しました。NISMAIL/AD の機能を取り込んだ、NISMAIL(V7)・NISMAIL/AD 双方の後継製品となります。

製品のポイント

業務アプリケーション間のデータ交換・連携を安全・確実に実行。簡単な設定でフォルダ構造ごと指定先にファイル転送・同期し、転送後に任意のユーザプログラムを起動。SaaSとオンプレミスシステム間のようなインターネット環境でも利用可能。

導入効果と機能

システム間のデータ交換を安全・確実に実現

  • ファイル転送失敗時のレジューム機能により、通信インフラが十分整備されていない地域(海外等)でも、効率的かつ確実なファイル送達が可能。
  • 蓄積交換方式のファイル転送により業務アプリケーションと転送処理を分離しているので、業務アプリケーション側では連携先の状況を考慮する必要がなく、業務ロジックの開発に専念。

容易な設定でフォルダ構成含めて転送・同期

NISMAIL V8からの新機能です。

  • フォルダと転送先サーバを指定するだけで、転送元のフォルダ構成と同じ構成でファイルとフォルダを作成。
  • 転送後に起動する任意のユーザプログラムを定義。

イメージ図

GATIUS概念図

SaaSとオンプレミスシステム間をセキュアにデータ連携

NISMAIL/ADから引き継がれた機能です。

  • HTTPSプロトコルのサポートにより、インターネットを経由した安全なデータ連携を実現。
    (Release 1.0 ではオプションとして別売でしたが、Release 2.0 より標準製品内に含めました)

大量・多頻度のデータ連携を遅滞なく実現

NISMAIL/ADから引き継がれた機能です。

  • データ交換によるジョブ連携性能向上により、多頻度な転送でも遅滞なくデータ処理ジョブへのデータの引渡を実現。(従来比5倍 当社計測環境)

新暗号エンジンによる安全なシステム連携を実現

Release 3.0 より強化された機能です。

  • AES暗号とハッシュSHA-2を標準搭載し、強固な安全性を確保。
  • NEC独自のIoT利用を前提とした軽量ブロック暗号TWINEを標準搭載。
  • 暗号/復号の為の関数及びコマンドI/Fを提供。

動作環境

動作OS 機種
Windows Server 2008 (x64) *R2含む
Windows Server 2012 *R2含む
Windows Server 2016
Windows 7 (x64)
Windows 8 (x64)
Windows 8.1 (x64)
Windows 10 (x64)
左記 OS が動作する機種

必要緒元

Windowsサーバ
メモリ必要容量 OS推奨のメモリ容量に準拠
ディスク必要空領域
(ユーザデータは含まれません)
67MB(既定値でインストールした場合)
262MB(Release 2.0 以降でインストール時に「https通信を利用する」を選択した場合)

価格

  • 希望小売価格には初年度分の保守費が含まれています。期間終了後サポートを継続するには、PP・サポートサービスの契約が必要です。
  • 価格・料金は全て消費税別の金額となっております。
  • 製品名末尾のカッコ内の数字はライセンス数(NISMAIL起動数)を意味します。
製品名 希望小売価格
標準サポート料金
(月額)
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(1) 218,500円 2,400円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(5) 862,500円 9,400円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(10) 1,495,000円 16,300円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(30) 4,140,000円 45,000円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(50) 6,325,000円 68,800円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(100) 10,350,000円 112,500円
NISMAIL/NT(x64対応)(V8)(200) 16,100,000円 175,000円

ページの先頭へ戻る