Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.


ファイルサーバのデータ移行時におけるポイントは?

データ移行に関する悩み・・・

全データを移行するには相当な時間と手間がかかってしまいます

  • 移行が本当に必要なフォルダ/ファイル、不必要なフォルダ/ファイルの区別がつかない
  • 移行の際の業務停止時間をできる限り最小限に抑えたい
  • フォルダ/ファイルのアクセス権設定を変えずに移行したい
         

NECのファイルサーバ整理ソフトウェア「NIAS」を活用すると・・・

NECのファイルサーバ整理ソフトウェアを活用すると

ステップ1.移行計画:現状の利用状況を把握

更新後の機器サイジングや不要ファイルが占める割合を把握でき移行の方式、スケジュールの策定をサポートします

レポート画面と整理対象ファイルの例

ステップ2.減量: 移行前データの整理

不要ファイルリストを作成し、ユーザに整理を依頼することで移行対象のデータを最小限に抑えることができます

不要ファイルをリストで通知

ステップ3: 移行 データ移行作業

NIASを活用するとフォルダ構造、アクセス権の変更なく、業務稼働したままデータ移行を進めることが可能です

ステップ4.運用 データ移行後の肥大化対策

移行後もファイルサーバ肥大化対策にご活用いただけます

見える化

見える化

計画的な予算申請ができる

不要ファイル(未参照/重複)の特定が可能

不要ファイル整理
ファイル整理が簡単にでき毎年約20
の容量削減(※)が可能※NEC参考値