本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

Japan

派遣社員が本番用の顧客データを持ち出して大問題!
社会的信用が失墜。
人事部の全社員査定情報が他部門に流出!
一部の社員から精神的苦痛で訴訟も検討中とのこと・・・
経営機密事項のフォルダにアクセス権の設定漏れが発覚!
一般社員のインサイダー取引に繋がっていたことが判明!
そこで!!
ファイルサーバ管理者: ツリービューでユーザ/グループ単位のアクセス権を表示 アクセス権限を一括設定 不適切なアクセス権限が一目でわかる
ユーザ/グループ単位でアクセス権を管理

対象のユーザ/グループを選択するだけで、対象者のアクセス権をツリービューで確認できます。

アクセス権限の編集・一括設定が容易

配下への権限一括設定や、個別の権限設定により、容易に割り当て、変更、削除ができます。

不適切なアクセス権限が一目でわかる

上位階層と異なる設定がされているファイル/フォルダを赤色で明示するので、一目で確認することができます。

まだある!NIAS(ニアス)の便利な機能

ファイルサーバの中身を「見える化」

ファイルサーバの利用状況をグラフやレポートで見える化し、課題を明確に
することで適切な対策の決定を支援します。

肥大化したファイルサーバを「整理」

不要(未参照・重複)ファイルをリスト化し、移動・削除・圧縮が可能です。
リストをユーザに送付して整理依頼する方法と、
ポリシー設定に基づいて自動整理する方法を利用できます。

NIAS(ニアス)の導入効果

  • アクセス権設定のモレやミスを無くし不正アクセスを防止
  • 数週間~数か月間必要だったアクセス権の棚卸作業を劇的に短縮
  • 不要ファイル整理により約30%()の容量削減が可能

当社調べ