ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ネットワーク機器
  3. 通信事業者向け
  4. ブロードバンド
  5. NCシリーズ
ここから本文です。

NCシリーズ ネットワーク制御ソフトウェア

ブロードバンドネットワークを支えるNCシリーズ

「NCシリーズ」は、ネットワークサービス基盤のNC7000シリーズ、ネットワーク制御基盤のNC9000シリーズ、トランスポート制御基盤のNC5000シリーズ、で構成されています。各シリーズのノードが連携してネットワークの多彩なサービスを提供しています。

NCシリーズの紹介

NC7000シリーズ

「NC7000シリーズ」は、「サービス提供基盤(SDP)」の中核を構成するものであり、コールコントロール (多彩な呼接続制御)、プレゼンス(利⽤者間で互いの位置・状況を共有)、⾳声・映像コンテンツ の蓄積・変換・配信などといった、次世代ネットワーク上で実現される様々なサービスにおいて共通的に利⽤可能なコンポーネントを提供するネットワークサービス基盤ソフトウェアです。

付加価値アプリケーションサービスの実現

「ネットワーク制御基盤」に位置づけられる当社の通信制御ソフト「NC9000シリーズ」などのサーバ群と連携し、 付加価値アプリケーションサービスを実現することが可能です。

サービス提供者は「NC7000シリーズ」の提供する使い易いオープンなAPIを利⽤し、コンポーネントを組み合わせることで新たなサービスを構築できるため、効率的かつ迅速な開発・導⼊を実現します。

次世代ネットワークに対応したアプリケーションサービスを実現

当社のネットワークサービス基盤ソフトウェア製品群の技術ノウハウをもとに、標準インターフェース (3GPP,3GPP2, TISPAN標準等)への対応を強化。コールコントロール、プレゼンスなどの機能を提供する豊富な製品ラインナップを⽤意し、次世代ネットワークで拡⼤が期待される付加価値アプリケーションサービスを実現。

オープンなAPIの提供により多彩なアプリケーションを短期間で開発可能

CSCF、HSS等のネットワーク制御基盤のノード群と標準プロトコルで連携する⼀⽅、上位のアプリケーションに対し標準API及びNEC独⾃の拡張API(Java API、Web Service API)を提供。次世代ネットワークにおいて複雑な制御が要求される通信制御プロトコルを隠蔽し、アプリケーション開発者にとって利⽤しやすいプログラミングAPIを提供することにより、次世代ネットワークでの新サービス開発スピードの向上と⾼い運⽤性を実現。さらにAPIを介しITシステム・サービスと連携することにより、多彩なアプリケーションサービスの創出が可能。

サービスの種類や規模に応じた柔軟で効率的なシステム構成

動作ハードウェアとして、汎⽤サーバに加え、通信制御ソフト「NC9000シリーズ」と同等のキャリアグレード性を実現するために、通信事業者向け標準仕様AdvancedTCAを採⽤したサーバに対応。これにより⼩規模〜⼤規模システムまで、利⽤規模に対応した柔軟なハードウェア構成が可能。また各アプリケーションはコンポーネント化されており、サービス毎に必要な機能を選択、サービス間での再利⽤が可能。

NC7000シリーズ ラインナップ

NC9000シリーズ

「NC9000シリーズ」は固定/モバイル双⽅をサポートし、局⽤交換機並みの信頼性と⾼性能を実現した 中核をなすソフトウェアプラットフォーム製品群です。IMS(IP Multimedia Subsystem)/MMD(Multimedia Domain)をベースとした呼制御機能とサービス構築のためのインタフェースを装備し、固定とモバイルのサービスの融合であるFMC(Fixed Mobile Convergence)の世界において様々なサービスの提供が可能となります。

実績豊富なSIP対応ソフトを継承・発展

NEC製通信制御ソフト 「CX6820シリーズ」などで実績をつんだ⾼信頼性ミドルウェアをさらに発展させ、⾼信頼、⾼可⽤性に富んだキャリアグレードHA(High Availability)を実現しました。リアルタイムな障害の検出、⾼速なクラスタ系切替の実現によりサービス停⽌時間を極⼒抑えました。さらに、サービスを中断することなく、かつ簡易な⼿順によるパッチファイル投⼊の実現やファイル更新時のデータ保障の実現など⾼い可⽤性と保守性を同時に実現しています。

3GPP IMS/3GPP2 MMD規格に準拠

IMS/MMDで規定されているSIPのモバイル通信向けの各種拡張機能に対応しており、HSS(Home Subscriber Server)と連携した加⼊者管理やメディアサーバ・SIP 対応アプリケーションサーバとの連携機能などのIMS/MMDアーキテクチャを実現する機能を実装し、S-CSCF/P-CSCFとして動作することが可能です。「NC9000シリーズ」により固定とモバイルを融合したFMCサービスの提供基盤を構築することが可能す。

NC5000シリーズ

「NC5000シリーズ」は、QoS(Quality of Service:サービス品質)制御および利⽤者のアクセス認証を⾏うトランスポート制御ソフトウェアです。

セッション制御機能(「NC9000シリーズ」等)やルータと連携しQoS制御を実現

  • QoS制御機能
    ユーザが利⽤するサービス毎に帯域確保や優先制御を⾏うためのポリシーを決定し、ネットワーク機器に対して動的に制御指⽰を実施。これにより、IP電話やIPTVなどリアルタイム性が要求されるサービスを識別して優先的に制御。

  • 最適なQoS制御を実現する機能を搭載
    IPフロー単位に帯域を管理し、セッション制御機能(「NC9000シリーズ」等)からの帯域確保要求時に必要となるポリシーを決定し、ネットワーク機器に対して品質制御指⽰を実⾏。帯域割り当てにおいては、CX6800-QSで培ったNEC独⾃のアルゴリズムに基づき、要求帯域、ネットワーク機器状態(遅延・パケットロス率等)などの様々なファクターからサービス品質の保証に必要な帯域値を算出

加⼊ユーザ情報の管理・アクセス認証を実施

  • 加⼊ユーザ情報を元にしたアクセス認証を実施
    ユーザ情報(加⼊者IDやサービスクラス等)を管理し、ユーザ端末が接続時にアクセス認証を実施、不正接続を防止。
  • QoS制御機能、セッション制御機能との連携
    認証成功時に、アクセスに必要と なる接続設定情報をユーザ端末へ送信するとともに、該当ユーザ情報をQoS制御機能(NC5000シリーズ等)及びセッション制御機能(NC9000シ リーズ等)へ送信。これによりユーザ端末がNGNへ接続し、契約情報に基づいたサービス提供を受けることが可能。

国際標準仕様準拠

提供機能、インタフェースとして国際標準仕様であるITU-T/3GPP/3GPP2に準拠。オープンかつスタンダードな仕様をサポートすることにより、⾼い相互接続性と拡張性を実現。

キャリアグレードの信頼性

当社の⾼信頼性ミドルウェアを搭載。本ミドルウェアは、当社が⻑年交換機開発で培ったキャリアグレードの信頼性を汎⽤OS上で実現。これにより局⽤交換機と同等レベルの冗⻑構成、システム再開管理、ファイル管理、無中断でのファイル更新等が可能。

マルチプラットフォーム対応

動作ハードウェアとして、通信事業者向け標準仕様AdvancedTCAに対応し、汎⽤サーバにも対応予定。これにより⼩規模〜⼤規模システムまで、利⽤規模に対応した柔軟なハードウェア構成が可能。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る