ページの先頭です。
ここから本文です。
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • linkedin

【完全保存版】飲食店のための今すぐ使える食品仕入れ先まとめ

お客さまからの評判を左右し、飲食店の生命線とも言うべき食材の仕入れ。できることなら食材に合わせて専門性の高い業者を選びたいところ。そんなときにすぐに使えて便利な仕入れ先をまとめてみました。特定の食材に偏ることなく、全国配送が可能な利便性を加味して選んでいます。

食堂楽

<主な取扱品>

総合(加工食品、生鮮食品など)

加工食品をはじめ、生鮮食品や穀物類、スープなど幅広いジャンルの食品が並ぶ業務用食材卸サービス。1パックなど少ロット発注にも対応しているほか、オンラインで手軽に注文できる点も大きな魅力です。

Mマート

<主な取扱品>

総合(生鮮食品)

畜産品や水産品、農産品など生鮮食品を中心に、調理品や酒類、調味料なども扱う総合食材卸サービス。出店社に欲しい食材をリクエストできたり、メニュー別に食材を探したりできるなど、使い勝手のいいサイトが特徴です。

久世

<主な取扱品>

総合(加工食品)

畜産、水産、農産などの加工食品や、調味料、飲料などを幅広く取り扱う業務用食材卸。独自のプライベート・ブランドを展開したり、ブイヨンやスープなどの製造も手がけたりするなど、オリジナル食品も多く取り扱っています。

アダチヤマーケット

<主な取扱品>

畜産品・畜産加工品

牛、豚、鶏のほか、羊や鴨など畜産品全般を扱う業務用食材卸。専門卸のため、畜産品なら部位ごと何でもそろっているので便利です。ハムやソーセージ、ベーコンなどの畜産加工品も取り扱っています。

サン食品

<主な取扱品>

水産品・水産加工品

切身加工や漬・焼加工された鮮魚を専門に扱う食品卸。真鯛や鮭、鯖、ヒラメなど、取り扱い魚種は実に多様。切身は希望にあわせた大きさでオーダー可能なほか、冷凍・冷蔵の両方に対応。

長岡物産

<主な取扱品>

農産品・農産加工品

野菜やフルーツなど農産品を中心に取り扱う卸。根菜、葉菜、洋菜、豆や土物、きのこ類など幅広い品ぞろえは専門卸ならでは。カット野菜やフルーツなど、農産加工品にも対応しています。

リクエ

<主な取扱品>

生鮮食品(青果品・水産品・畜産品など)

野菜やフルーツなどの青果のほか、水産品や畜産品など、生鮮食品9,000アイテムを中心に取り扱う総合食品卸。カツオのへそやマグロのほほ肉といった希少な食材も扱うほか、カタログ注文できる利便性も大きなポイントです。

中庄本店

<主な取扱品>

乾物、調味料、缶・瓶詰類、冷凍食品など

水産品の乾物や調味料、缶詰加工品のほか、フライやデザートなどの冷凍品を中心に2万点にも上る業務用食品を扱う卸サービス。生鮮食品以外はほぼ何でもそろう網羅性が魅力です。

共栄食品

<主な取扱品>

和食材料

旅館や割烹、仕出し、結婚式場向けの高級和食材を専門に扱う卸会社。生ゆばや豆乳、割烹材料などの加工食品を中心に、朴葉や竹皮、ほおずき、和紙など、和食に欠かせない小道具や飾りも扱っています。

ニッショク

<主な取扱品>

海外食材

イタリアンやエスニック、フレンチ、メキシカン、中華など、世界中の食材を取り扱う業務用卸。現地の調味料や菓子類、フォアグラやボッタルガなど、希少な高級食材も扱っている点が魅力です。

食材の仕入れは得意分野を見極めて

業務用食材の卸会社はそれぞれに得意とする分野が違うため、食材にあわせて使い分けるのがいい材料を仕入れるポイント。いつも利用している卸会社がベストな選択肢か、ときには見直してみるのもいいかもしれません。

飲食店向けオーダー端末にもなる今流行のタブレット型POSレジ
モバイルPOSの選び方 導入のメリットと選び方 活用術をご紹介します

※Apple、Apple ロゴ、iPad、iPod touch は米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。