ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 中堅・中小企業のお客様
  3. メンタルヘルス対策支援システム
  4. 職場環境改善活動支援システム
  5. サービス特長
ここから本文です。

サービス特長 -職場環境改善活動支援システム

推進支援

チェックリスト形式で推進を支援

チェックリスト形式の「段取りフロー」機能で、改善活動に必要な作業をチェックしながら推進することができ、推進者の負担を軽減できます。
本機能は、ストレスチェック制度に関するマニュアルに記載のある、ストレスチェックを活用した職場環境改善の進め方を参考に、職場環境改善の一連の流れに沿って、活動の推進者が実施すべき作業をチェックリスト化しています。初めて改善活動を行う方でも、次に何をすればよいかが分かるので、迷うことなく活動を推進することができます。

※ 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル

サンプル帳票のにより準備負担の軽減を支援

また、活動を職場のメンバーへ周知する際の説明資料や開催通知文などの各種サンプルをご用意しているので、資料作成等の手間を抑えることができます。

チェックリスト画面と資料サンプル

事例活用

「事例活用」機能は、組織として解決を目指すストレスの課題(量的な仕事の負担感、上司からの支援等)に対して、平均年齢、男女比、残業時間、勤務場所、等の組織の状況に適した改善活動案を3つ例示します。
この例示を参考に活動内容を決定することで、組織の状況に合わない改善活動や、メンバーのに負荷がかかる初めから実施困難な改善活動を決めてしまう。などといった問題を事前に防ぐことができます。

現場にマッチしない活動

メンバーの勤務地が離れているにもかかわらず、無理に毎週の会議を計画

現場にマッチした活動

メンバーの勤務地が離れているので、定期的に自らメンバーを訪問する相談機会を計画

また、本機能では、厚生労働省が提供する一般的に有効とされている事例(アクションチェックリスト)の例示だけでなく、他社の様々な活動事例を利用者間で相互参照できる仕組みを提供します。これにより、同じ業界の組織が取り組む活動事例や同じストレスの課題解決に向けた活動事例等、自分の組織に合った改善活動を選ぶ際に役立ちます。
登録された活動事例は、当社が個人情報の登録が無いこと、公開しても問題ない適切な表現となっていることをチェックした上で、匿名化の後、公開致します。

投票機能でメンバーの意見収集

さらに、「投票」機能では、任意の質問を作成可能で、組織のメンバーによる匿名の投票から、メンバーが感じる組織としての課題選定や、取り組む活動内容がメンバーの思いとマッチしているかを確認することができます。

投票画面

状況確認

状況確認

活動状況の記録と見える化

毎月の活動状況や過去から現在までのストレスチェック結果を記録することができます。
さらに、TOPページでは、過去3回分のストレスチェック結果の変動が確認でき、環境改善の成否の判断に利用できます。また、職場環境改善の活動期間中に毎月活動状況を記録します。活動の状況を記録すると同時に、どの程度活動が活性化しているかを、活性度として1~100の点数として記録しておくことで、活動が進むにつれ、推移のグラフとして表示されます。
グラフの状態に応じて、活動がうまくいっているかどうかの判断材料とする事ができ、また、現場のメンバーへのアドバイスの参考とすることができます。

画面イメージ:状況確認TOPページ

社外評価・専門家の監修

第1回HRテクノロジー大賞「労務・福利厚生部門優秀賞」受賞

本サービスを含めた社内の活動が、第1回HRテクノロジー大賞(2016)で「労務・福利厚生部門優秀賞」を受賞しました。

産業・組織心理学の専門家「高橋修」氏監修

本サービスの開発にあたっては、産業・組織心理学の専門家である高橋修氏の監修を受けています。

※メンタルヘルス・マネジメント検定試験 テキスト編集委員会委員
※日本産業ストレス学会 編集委員 他

ページの先頭へ戻る