ページの先頭です。
ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 中堅・中小企業のお客様
  3. メンタルヘルス対策支援システム
  4. アンケート調査レポート
ここから本文です。
ここから本文です。

メンタルヘルスに関するアンケート調査レポート

メンタルヘルス対策支援システムの開発元であるNECソリューションイノベータが、 従業員数50人以上の会社で働く、会社経営者・役員、人事・総務・労務に携わっている 会社員男女20歳~69歳を対象にメンタルヘルスに関するインターネット調査を実施しました。

その結果をダウンロード資料でご確認頂けます。

<調査方法>

  • 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  • アイリサーチ登録モニターのうち、従業員数50人以上の会社で働く会社経営者・役員、人事・総務・労務に携わっている会社員男女20歳~69歳を対象に実施
  • 有効回答数:600人
  • 調査実施日:2016年1月20日(水)~2016年1月22日(金)
※なお、2014年10月16日(木)~22日(水)に同様の調査方法で1回目のアンケート調査を実施しています。
※引用・転載時のクレジット表記のお願い:
  本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
【例】「NECソリューションイノベータが実施した調査結果によると…」

アンケート結果(抜粋)

Q1 労働安全衛生法の一部改正により、従業員50人以上の事業場にストレスチェックの実施が義務付けされ、2015年12月1日から施行されたのをご存じですか。(単一回答)【n=600】

  • 全体の認知度は85.7%と1回目の調査から増加、ストレスチェック義務化の認知が大きく拡大していることがわかる
  • 経営層は人事などの担当者よりも詳しい内容の理解が高く、経営層のストレスチェック義務化制度に対する意識の高さがうかがえる

Q2:あなたの会社で現在行っているメンタルヘルスケアの取り組みをお聞かせください。(複数回答)【n=600】

  • 「労働者に対してストレスチェックの実施」は27.2%と1回目の調査時より拡大していることがわかる
  • 従業員数50~99人では「取り組んでいない」の回答が約3割、従業員数が多くなるほどメンタルヘルスケアへの取り組みが進んでいることが読み取れる

アンケート調査レポートには、上記以外に以下の設問結果をまとめています

Q3.メンタルヘルスケアに取り組んでいる方にお聞きします。現在行なっているメンタルヘルスケアの取り組みで十分成果が出ているとお考えですか。(単一回答)
Q4.Q3で、「あまり成果が出ていない」「全く成果が出ていない」に回答した方にお聞きします。成果が出ていないとお考えになる理由をお聞かせください。(複数回答)
Q5.あなたの会社には、メンタル指導が出来る社内の専門スタッフはいますか。(単一回答)
Q6.あなたの会社で、今後(も)取り組みたいメンタルヘルスケアの取り組みをお聞かせください。(複数回答)
Q7.労働安全衛?法の改正後、既に実施している、もしくは検討しているストレスチェックの実施方法についてお聞かせください。(複数回答)
Q8.ストレスチェックを既に実施している、もしくは検討している?にお聞きします。ストレスチェック義務化に対応するシステム導入の決め手をお聞かせください。(複数回答)



アンケート調査レポートはこちらからダウンロードいただけます。

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。
ダウンロード資料のイメージ

ページの先頭へ戻る