ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 業種別ソリューション
  4. 医療・ヘルスケアソリューション
  5. 医療情報ソリューション
  6. ソリューション一覧
  7. 医療事務・DPCシステム
  8. DPCナレッジ
ここから本文です。

電子カルテを中心とした医療情報ソリューション MegaOak

診断群分類検証システム

ロゴ

概要

DPCコーディング情報と診療内容の不整合を一括チェック。対象年月・科・病棟等の条件でチェック対象患者を効率的に抽出します。

  • 患者の実績情報とDPCコーディング情報の不整合をチェックしてアラーム患者のみ抽出することができます。
  • チェック対象患者のさまざまな条件での絞り込みにより効率的な点検作業を行うことができます。

患者一覧出力画面

特長

DPCコーディング見直しによる収益改善に効果あり

  • DPCコーディングチェックを実施することによる診断群分類番号の見直し・修正で収益改善に効果を発揮します。

コーディング点検の職員スキル依存を解消

  • コーディング支援票を使って、手術、処置、副傷病名などの選択肢の中から適切な内容を確認することができます。機械的なチェックにより、一定レベルの点検精度を保つことができます。

院内の効率的なコーディングチェック運用の構築を支援

  • さまざまな条件の患者抽出により、点検担当の医師・事務の方の効率的なチェック運用を実現します。

毎年のDPC調査情報提出の精度向上に貢献

  • 実際に登録されている診療内容・傷病名と比較してチェックを行うため、レセプトデータと調査データ(DEFファイル・様式1)の整合性  を高いレベルで担保することができます。

運用の流れ

  • 患者の入院から退院までの間に効率的なタイミングでDPCコーディングチェックを行うことができます。
  • 「コーディング支援票」を使って医師への適切な情報伝達を支援します。

運用

ページの先頭へ戻る