ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 業種別ソリューション
  4. 医療・ヘルスケアソリューション
  5. 医療情報ソリューション
  6. ソリューション一覧
  7. 電子カルテシステム
  8. 電子カルテシステム MegaOak/iS
ここから本文です。

電子カルテシステム

MegaOak/iS

変化する時代にマッチした電子カルテシステム「MegaOak/iS」

医療におけるICT活用の一歩先を考え、安全・安心・効率・公平な医療サービスが行きわたる社会を実現し、人々の健康な生活「Quality of Life」を支えていきたい。これがNECの医療ソリューションが目指すものです。

医療従事者の目線に寄り添い、思いを伝える電力システムMegaOakiS(メガオークアイエス)

医療従事者の目線に寄り添い、思いを伝えるシステム

医療従事者の皆様が本来行うべき医療行為に集中して取り組めるよう、医療情報システムを医療従事者の目線で再考しました。データの種類やシステムの構造ありきではなく、診療行為のフローや医療従事者の考える記録の種類、職制・職種ごとの記録の見方など、『医療従事者の目線』で考えられて作っています。

これまでのシステムは、データベースの構造・フローやシステムの構造やデータの種類など作る人の目線でしたが、MegaOak/iSは診断のフローや疾患、プロブレム、記録の種類など使う人=医療従事者の目線で考えられ作っています。

特徴詳細

医師がオーダを意識せずに指示を登録できるしくみ

日付の整合や関連する指示の入力をシステムでサポートすることで、医師の思考に沿った効率の良い指示入力を実現します。また、患者の容態等によって頻繁に変更が発生する医療現場の業務を鑑み、入力時だけでなく変更時の操作においても煩雑な操作が発生しないよう工夫しています。

これまでの操作手順は医師がやりたいことだったが、MegaOak/iSは医療従事者の目線で操作を最小限にします。

業務目線での記録管理で情報の見落としを防止

電子カルテ内にある診療記録、文書、検査結果などを、記録の種類ごとに一元管理することで、必要な情報を探し出すことが容易になります。

これまでの記録管理はシステムごとに、その患者の同意書を探していったが、MegaOak/iSはその患者の同意書は全て、どのシステムに格納されていても、すぐに見つかります。

指示者の意図を正しく伝え、医療安全に寄与

指示者(医師)の考える単位での指示入力を実現することで、指示者の意図を現場まで正確に伝えることができます。

これまでの操作手順は医師がやりたいことだったが、MegaOak/iSは医療従事者の目線で操作を最小限にします。

変化する時代に対応するために

ノンカスタマイズ&レベルアップで変化に対応できる情報基盤へ

システム導入後も激しい時代の変化に迅速・確実に対応し、成長していくため、ノンカスタマイズパッケージ導入&レベルアップ方式により、常に最新機能を提供します。

パッケージ機能強化の基本的な考え方は全国のユーザ様からの日々のご要望やMegaOakユーザフォーラムなどをもとにパッケージ機能を強化していきます。

システムを安全にいつでもお使いいただけるように

システム停止防止対策として、ミラーリング構成によるサーバ二重化を採用しました。
また、システムエンジニアによるサーバ監視、リモートメンテナンスサービスに加え、24時間365日対応のコールセンターを用意し、システムや操作に関する問い合わせに対応します。

イメージ図

医療従事者の業務をサポートするさまざまな機能

医師の意思に沿った指示出しを実現する「クリニカルデスクトップ/診察ナビゲーション」

クリニカルデスクトップ

科や疾患ごとのプロブレムを起点とした指示ができるセット機能
画面イメージ。疾患別など必要な指示を一画面にまとめておけるので、流れるような指示だしができます。

診察ナビゲーション

慢性疾患の定期受診等、定期的な診察をサポート

画面イメージ。最短5クリックで操作完了。診療に必要な項目のみ表示し、効率よく入力できるので、患者の待ち時間を大幅に削減します。

患者情報を集約し、一元管理から利用へつなげる「KeyValue」

どこから入れても一元管理、一度どこかで入力したら次回からは引用情報として表示。日々の診療で患者情報が蓄積され、情報活用のデータとして使用できます。日々の診療で患者情報が蓄積され、情報活用のデータとして使用できます

利用者の見たい粒度での記録参照を実現する「2号用紙/経時記録」

計画と実施記録を、目的別に参照することで、医師、看護師、それぞれの指示に沿った記録・確認の作業をスムーズに行うことができます

画面イメージ図。どこから入れても一元管理、一度どこかで入力したら次回からは引用情報として表示。日々の診療で患者情報が蓄積され、情報活用のデータとして使用できます。実施記録参照をスムーズにし、診療の質を向上を支えます

業務開始時に確認したい内容を集約する「ワークアシスタント」

画面イメージ図。連絡エリア、通知・承認エリア、備忘録エリアなど一目で把握でき、タスク管理が行えます。個人宛のお知らせや通知が一目で把握でき、タスク管理が行えます

診療計画の立案と着実な実施を行う「クリニカルパス/レジメン管理」

クリニカルパス

診療計画立案をサポートするオーバービュー、実施入力や評価入力を行う評価ビュー・日めくりビューでクリ二カルパスの運用を支援します。
画面イメージ図

レジメン管理

体表面積等により緻密な薬剤量を計算し、安全な投薬管理をサポートします。

画面イメージ図

計画に沿った治療を行い、症状改善・退院に導くサポートをします

看護過程に沿った入力を実現し、看護業務全般を支援する「看護計画立案~実施までのしくみ」

画面イメージ図

GUIコンセプト(デザインコンセプト)

電子カルテシステムのデザインについては、ユーザビリティの専門家も参画してGUIガイドラインを策定し、統一性のある画面設計を行っております。

アクセシビリティ

ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン2.0達成基準AAを参考にし、画面を設計。色覚に異常のある方や高齢の方にも配慮した配色で構成しています。

認知負荷の軽減

NASA-TLX(米国のNASAで開発されたメンタルワークロード評価手法)で評価を実施。必要なオブジェクトを探すのにあたり精神的負荷をかけないような画面設計を実現しました。

誘目性※

アレルギー、禁忌情報、検査結果の異常値などの重要な情報を見逃さないよう、配色にコントラストをつけたり点滅をさせることで、誘目性を高める配慮をしています。
※誘目性:色が人の注意を引きつける度合い。 「誘目性」の度合いは赤・橙・黄などの暖色系は高く、緑・青・紫などの寒色系は低いといわれている。

機能一覧

基本機能

プロファイル

  • 1号用紙
  • 患者プロフィール
  • 傷病名
  • プロブレム
  • サマライズノート
  • 外来患者一覧
  • 各科受付
  • 救急患者一覧
  • 中央処置室一覧
  • 入院患者一覧
  • ベッドマップ
  • 病床管理
  • 出棟管理
  • 見舞客案内
  • チーム医療患者一覧

看護支援

  • 看護プロフィール
  • 看護計画
  • 看護ケア
  • ワークシート
  • 申し送り
  • 指示受け
  • フローシート(熱計表)
  • 実施入力
  • 看護記録
  • 看護サマリ
  • 看護日誌
  • 看護必要度

診察記事入力

  • 2号用紙
  • 経時記録
  • 定型文書
  • 診察ナビゲーション

共通

  • ヒストリーマップ
  • モニタリングシート
  • カンファレンス記録
  • ワークアシスタント
  • クリニカルパス
  • クリニカルデスクトップ
  • 付箋
  • 全文検索

オーダリング機能

  • 予約
  • 処方
  • 注射
  • レジメン
  • 検体検査
  • 生理
  • 画像
  • 内視鏡
  • 入退院
  • リハビリテーション
  • 病理
  • 一般指示・処置
  • コンサルテーション依頼
  • 透析依頼
  • 栄養指導依頼
  • 食事
  • 手術
  • 薬剤管理指導
  • 条件付指示
  • 輸血
  • Doナビゲーション
  • 指示簿
  • スライディングスケール
  • 持参薬管理

オプション

  • 地域連携
  • ベッドサイド認証
  • DWH
  • 全薬マスタ
  • 電子認証
  • 本機能導入に関する前提条件等につきましては担当営業までご確認ください。
  • 本製品は各種コンポーネントにより構成されています。製品体系や価格等に関しましては、NEC営業又は本製品取扱い販売店までご確認ください。
  • 診療所向け電子カルテ(単体製品)はご提供しておりません。

  • 本製品は医療機器ではありません。

Top of this page