ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 業種別ソリューション
  4. 医療・ヘルスケアソリューション
  5. 医療情報ソリューション
  6. ソリューション一覧
  7. 電子カルテシステム
  8. 電子カルテシステム MegaOakHR
ここから本文です。

電子カルテシステム

MegaOakHR

進化し続ける電子カルテシステム「MegaOakHR」

MegaOakHRは発売以来、ご利用頂いているお客様の声を活かし、「業務効率化」「医療安全」「操作性向上」「経営改善」をテーマに機能強化をしております。
さらに、ご利用頂いているお客様で構成されたユーザフォーラムからの意見も取り入れ、より現場の方にご利用頂きやすい製品を目指しています。

MegaOakHRの4つのテーマ。1.業務効率化…1回の操作、入力を様々な画面や機能に連携させ、操作される皆様の負荷軽減を目指します。2.医療安全…オーダ時のチェックや患者情報の集約表示により、安全・確実な診療の実現を目指します。3.操作性向上…使い勝手・操作性・参照性の向上により、日々の業務のスムーズな運用を目指します。4.経営改善…診療内容を元にした医学管理料や看護必要度の判断を支援する機能を通して経営改善の取り組みをご支援します。

利用シーンにあわせた業務効率化を支援

電子カルテの要となる記録の作成をご支援する機能や、医療の標準化・医療の質の向上を目指すうえで欠かせないクリニカルパス機能により、日々の業務の効率化をご支援します。

記事入力

ダイナミックテンプレート機能

テンプレートでは、ひな形に従って記載をするだけでなく、選択した項目により入力内容の展開や、検査結果などのデータを自動引用、入力値同士の計算機能によりカルテ記載の効率化をご支援します。

画面イメージ。構造化されたデータとして蓄積し、データの2次利用※が可能。※ データウェアハウス「MegaOakDWH」の導入が必要です。また、選択した項目により入力内容の展開、検査結果などのデータを自動引用、計算機能によりカルテ記載の効率化を支援します。

医学管理指導内容 記載支援機能

診察終了時に医学管理オーダ画面が表示され、専用のテンプレートから記事を入力することで、記事記載とコスト伝達が同時に行えます。
適正な診療報酬算定をご支援します。

画面イメージ。テンプレート画面で入力された記録は診察記事画面から確認できます。

クリニカルパス

オーバビューと日めくりパスで運用する-クリニカルパス機能

テンプレートでは、ひな形に従って記載をするだけでなく、選択した項目により入力内容の展開や、検査結果などのデータを自動引用、入力値同士の計算機能によりカルテ記載の効率化をご支援します。

画面イメージ。オーバービュー画面と日めくりパス画面は1クリックで切替可能です。オーバービュー画面は患者さまの継続的な診断計画と、経過日ごとの達成すべきアウトカムや医療行為を時系列に表現したもので、患者さまの情報を鳥瞰的に把握できます。日めくりパス画面は日々のタスクやアウトカム、およびバリアンス、診察記事の内容を1 つのシート上で表現し、アウトカムの達成状況やオーダ・看護ケアの実施記録、バリアンス情報や経過記録への記載を1 つのシートで行うことができます。

  • MegaOakHRに実装されている「日めくりパス(チェックシート)を活用したクリニカルパス機能」は、大阪府立急性期・総合医療センター様の「クリニカルパスを軸とした電子カルテシステム」の考え方を基にして開発されたものです。

医療安全への取り組み

常に安心・安全を求められる医療現場において、医療安全に寄与する機能をご用意しています。

患者基本情報管理

患者基本情報として、禁忌情報を登録することで、患者パネルに該当事項のアイコンが表示されるため、常に注意事項を確認しながら診療を進めることが可能です。また、禁忌情報とオーダのチェックも行います。

画面イメージ。患者氏名のエリアに薬剤禁忌等の注意情報をイラストで表示。オーダ時には登録内容とチェックをし、警告・エラー表示を行います。

処方・注射の投与量チェック

薬剤ごとに体重・年齢別最大投与量を設定することで、処方・注射オーダ時に投与量チェックを行います。入力した投与量が設定値より上回ると、エラーメッセージを表示します。

画面イメージ。体重・身長が最新値でない場合、メッセージを表示し、最新値の確認を促します。

病理レポート既読管理

病理検査の結果について、レポートが返ってきたことを予め指定した対象職員にメール通知します。担当医が結果を確認したかどうか、患者さまへの説明を行ったかどうかを一覧で確認することができます。

画面イメージ。病理検査の結果が部門システムから届くと、コミュニケートに通知されます。病理照会画面では、オーダごとに結果確認/患者説明の進捗が確認できます。

蓄積されたデータをより有用に活用するために

MegaOakHRは蓄積された医療情報を目的に合わせてより有用に活用するための機能をご提供しております。

必要なデータを素早く確認するために-モニタリングシート

画面イメージ。経過表のすべてのデータを見るのではなく、特定の項目の経過を確認したい時や長期に分散したデータを素早く時系列に確認したい時…診療科や職種、チームの視点に合わせて、必要となる診療情報を表示するシートを作成することで、各自の視点に合わせた医療情報が表示されます。 また、電子カルテに蓄積された診療情報を最新情報から素早く表示し、スライダーで過去データに遡りながら経過確認ができます。

今までの診断情報全体を俯瞰して確認するために-ヒストリーマップ

画面イメージ。患者さまにいつ頃どんな記録があるか全体像を確認したい時や必要な期間・記録種別を絞って印刷を行いたい時…部門システムを含む診療情報を一元管理し、時期別にカテゴリ毎に表示するため、患者さまにいつ頃どんな記録があるか一目で把握できます。適度なサイズのサムネイル表示で大量の記録から直感的に目的の診療記録を探し出すことができます。対象期間や記録種別を選択しながら、一括印刷を行うことができます。

必要な診療情報を素早く検索するために-全文検索

画面イメージ。先月診た患者さまの病名は分かるが患者氏名やIDが分からない時や患者さまの過去の症状がいつ頃のものか記録がすぐに見つけ出せない時…検索画面でキーワードを入力することで、そのキーワードに合致する検索結果を素早く一覧で表示します。検索結果から電子カルテに切り替えると、該当記録の日付まで遷移してカルテ表示するので、同日の他の指示や前後の診療の様子が確認できます。マニュアルや院内文書なども検索対象とすることができます。

クリニカルパスデータの分析のために-パス分析

画面イメージ。院内で運用されているパスの状況について、適用中件数やバリアンス発生件数などを確認したい時。同じパスが適用された患者さまのバリアンス発生状況を比較したい時…パスごとの適用中件数やバリアンス発生件数を一覧で確認できます。指定したパスが適用された患者さまを比較し、入院人数やバリアンス発生内容を比較することができます。

一連の看護過程に沿った入力を実現し、看護業務全般を支援

「アセスメント」から、「看護診断/問題抽出」、「看護計画」、「実施」、「看護記録」、「評価」まで、看護過程に沿った業務を支援します。

画面イメージ。

GHSガイドライン

MegaOakHRは、R10.0から、GHS開発ガイドライン Level-2 に適合しました。

本製品は、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS 開発ガイドラインに準拠して開発されています。
詳細は担当営業までご質問下さい。

  • 本機能導入に関する前提条件等につきましては担当営業までご確認ください。
  • 本製品は各種コンポーネントにより構成されています。製品体系や価格等に関しましては、NEC営業又は本製品取扱い販売店までご確認ください。
  • 診療所向け電子カルテ(単体製品)はご提供しておりません。

  • 本製品は医療機器ではありません。

ページの先頭へ戻る