ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 業種別ソリューション
  4. 医療・ヘルスケアソリューション
  5. 医療情報ソリューション
  6. ソリューション一覧
  7. 電子カルテシステム
  8. MegaOakHR
ここから本文です。

電子カルテを中心とした医療情報ソリューション MegaOak

電子カルテシステム

MegaOakHR

利用シーンにあわせた業務の効率化を支援

診療・看護支援・文書作成支援クリニカルパスなどの機能が業務の効率化を支援します。

記事入力

簡単入力でデータ活用も可能ダイナミックテンプレート機能

簡単入力でデータ活用も可能ダイナミックテンプレート機能

テンプレートでスムーズな記載医学管理カルテ記載機能

患者確認

患者情報を素早く把握できる患者ポータル機能

文書作成

各種情報利用やテンプレートで効率化文書作成支援機能

クリニカルパス

オーバビューと日めくりパスで運用するクリニカルパス機能

  • MegaOakHRに実装されている「日めくりパス(チェックシート)を活用したクリニカルパス機能」は、大阪府立急性期・総合医療センター様の「クリニカルパスを軸とした電子カルテシステム」の考え方を基にして開発されたものです。

一連の看護過程にそった入力を実現し、看護業務全般を支援

「アセスメント」から、「看護診断」、「看護計画」、「実施」、「看護記録」、「評価」まで、看護業務全般をご支援します。

蓄積されたデータをより有用に活用するために

MegaOakHRは蓄積された医療情報を目的に合わせてより有用に活用するための機能をご提供しております。

必要なデータを素早く確認するためにモニタリングシート

  • 電子カルテデータに蓄積された看護記録を含む診療情報を最新情報から素早く表示できます。
  • シート切り替えによる素早い再表示機能で診療情報を様々な臨床場面に応じたシート作成ができます。

必要な診療情報を素早く検索するために全文検索

  • 検索結果は高速に最適な情報から表示するので診療現場でも活用することができます。
  • 膨大な量に増えたマニュアルなどの院内文書や診療ガイドラインも検索することができます。

今までの診療情報全体を俯瞰して確認するためにヒストリーマップ

  • 部門システムを含む診療情報を一元管理して素早く検索・表示と一括印刷できます。
  • 適度なサイズのサムネール表示で大量の記録から直感的に目的の診療記録を探し出すことができます。

クリニカルパスデータの分析のためにパス分析

  • データウェアハウス「MegaOakDWH」の導入が必要です

  • 他患者と比較し、逸脱した入院日数である患者のバリアンス内容とその件数、出来高換算を一目で確認でき、その要因調査をナビゲートします。
  • 本機能は、済生会熊本病院様とNECの共同開発によるものです。(済生会熊本病院様とNECで特許出願中。出願番号 特願 2014-073842)

進化し続ける電子カルテシステム「MegaOakHR」

MegaOakHR は発売以来、ご利用頂いているお客様の声を活かし、進化を続けてきております。
ご利用頂いているお客様で構成されたユーザフォーラムからの意見も取り入れ、より現場の方にご利用頂きやすい製品を目指しています。

機能強化例

全国のお客様の声をもとに継続進化しております

患者情報参照機能

必要な患者様情報を一画面で確認することができます。

仮予約機能

日時ではなくおおよその時期を指定して予約を取得し、後日確定する運用ができます。

アセスメント管理機能

入院時に必要となるアセスメントを一覧で管理できます。

スライディングスケール機能

インスリン製剤のスライディングスケール指示・実施ができます。

標準化への対応

医療情報の標準化は、システム間でのデータ通信やデータ活用を可能にし、複数施設間での安全かつスムーズな情報共有・情報交換を実現します。NECは医療情報の標準化に積極的に取り組んでおります。

SS-MIX標準化ストレージ対応のイメージ図を表示しています

SS-MIX標準化ストレージ対応
MegaOakHRは電子カルテデータを標準的な形式で格納するSS-MIX標準化ストレージ出力機能を標準搭載。
地域医療連携やBCPソリューションでの活用が可能です。

IHE Integration Statement(IHE統合宣言書)
NECは2003年度から始まったIHE-Jコネクタソンに毎年参加し合格しております。MegaOakHRのIHE統合宣言書はこちら。

GHSガイドライン

MegaOakHRは、R10.0から、GHS開発ガイドライン Level-2 に適合しました。

本製品は、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS 開発ガイドラインに準拠して開発されています。
詳細は担当営業までご質問下さい。

SS-MIX標準化ストレージ対応

  • 本機能導入に関する前提条件等につきましては担当営業までご確認ください。
  • 本製品は各種コンポーネントにより構成されています。製品体系や価格等に関しましては、NEC営業又は本製品取扱い販売店までご確認下さい。
  • 本製品は医療機器ではありません。

ページの先頭へ戻る