ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 医療・ヘルスケアソリューション
  4. 医療情報ソリューション
  5. ソリューション一覧
  6. 医療事務・DPCシステム
  7. MegaOakDPC
ここから本文です。

電子カルテを中心とした医療情報ソリューション MegaOak

DPCシステム

MegaOakDPC

概要

DPCの調査・請求・分析を通して貴院の業務フローを幅広く支援します。

DPCシステム「MegaOakDPC」は、DPC(診断群分類による包括評価算定)に関わる院内運用のさまざまな場面で活躍します。

概要

機能概要

DPC調査対応機能

DPC調査対応機能として、DPC調査データ(様式1、様式4、D※1EFファイル)の作成支援機能を提供します。

「様式1」データ作成
医療事務システム「MegaOakIBARSⅡ」入力データ自動取込 入院パターンに応じて、親様式1・子様式1・A様式1・B様式1の作成が可能です。
医療事務システムから必要なデータを取り込むことで、入力負荷を軽減すると共に、データ整合性が保持されます。
進捗管理 入院歴がある患者の一覧がリアルタイムに表示され、各患者へのデータ入力状況がひと目で確認できるほか、職制毎の進捗管理も可能になります。また、連絡票不要の運用に対応可能なため、院内のペーパーレス化に寄与します。
様式1Do入力 以前の入院時の様式1情報を今回入院にコピーして展開することができます。(Do展開する項目は設定することが可能です。)
患者基本情報や看護情報を自動取込 患者の身長・体重や喫煙指数、入・退院時JCSや入・退院時ADLなど、電子カルテ「MegaOakHR」上の患者情報および病名、手術情報を様式1情報として反映します。
職制毎の入力項目制御 「職制毎に項目を色分け」・「職制毎に要入力項目のみ表示」など、職制毎に入力項目設定ができます。科別に項目既定値を設定することで、入力負荷を軽減します。
入力項目ガイダンス表示 入力項目に対してガイダンスを表示し、選択することにより入力ミスを防ぎます。
警告リスト 入力漏れを防ぐために警告リストを表示します。
「様式4、D※1EFファイル」作成
医療事務システム「MegaOakIBARSⅡ」に入力されたデータを元に「様式4、DEFファイル」を作成します。
  • ※1:DファイルはDPC対象病院のみ作成。

DPC請求対応機能

DPC請求対応機能として、コーディング機能、情報グラフィック表示機能、包括評価制度での診療報酬請求機能、レセプト電算出力機能を提供します。

入院
コーディング 条件選択による簡単コーディング 診療予定、および実績からツリー図によって考えられる診断群分類番号(DPCコード)を表示し、適切なDPCコーディングを支援します。
前回DPCのDo入力 患者単位に前回入院時のDPCコード引用入力が行えます。
患者基本情報や看護情報を自動取込 患者の身長・体重や喫煙指数、入・退院時JCSや入・退院時ADLなど、電子カルテ「MegaOakHR」上の患者情報および病名、手術情報をDPCコーディングのための情報として反映します。
頻用情報活用による簡単入力 DPCコーディング時に頻繁に利用するデータは自動的に蓄積され次回入力時に検索利用できます。
傷病名シミュレーション機能 DPCコード決定前に一覧表示から結果を一時保存し、別傷病でのコーディング結果を並べ、グラフで比較検討が行えます。
医師にもDPC情報を明示 電子カルテシステム「MegaOakHR」上でDPC入院期間の算定情報を把握できます。
修正履歴確認 「いつ」「誰が」「何を」修正したかを簡単に確認できます。
情報グラフィック表示 視覚的にわかりやすい表示 以下のような情報をわかりやすく表示することで、直感的に患者のDPC情報を把握できます。
  • 入院日からのDPC包括点数と出来高換算点数の推移
  • 日々の診療明細情報(日計表形式)
  • 手術日
  • 転科日
  • 期間Ⅰライン、期間Ⅱライン、2SDライン
  • 院内で同一DPCによる過去退院患者との比較情報
  • 同一DPC患者との診療区分毎の出来高換算点数比較
知りたいときにすぐ分かる 情報はリアルタイムに確認できるため、患者さまへの請求・レセプト出力前にDPCコードの評価・修正に利用できます。
請求 DPCコードの検証と見直し作業「DPCナレッジ」
退院
レセプトオンライン請求

DPCコーディング支援システム「DPCナレッジ」

患者の傷病名・手術・処置の情報がDPCコーディングに適切に反映されているかをチェックして、より正確かつ効率的に見直し作業をご支援します。

DPCナレッジ

DPC分析対応機能

DPC分析機能として調査データ(DEFファイル)を利用してDPC別の各種分析・病院収入把握・診察行為分析機能を提供します。

DPC分析・収入分析

DPCという「ものさし」を用いて調査データを比較分析することで、自院の診療傾向を把握でき、今後の方針決定へつなげることができます。
各画面には分析の際のポイントを簡潔にまとめて表示しており、初心者でも簡単操作で調べたい情報に素早くたどり着くことができます。

  • DPC別傾向分析
    診療科、病棟、DPC、MDCなどさまざまな抽出条件を指定し、同一DPC、MDCに属する患者の入院日数、診療行為、診療報酬点数、出来高換算点数などを比較することができます。サマリ表示は基本情報と収入情報のいずれかを選択することができます。
  • 入院経過日数と収入分析
    各DPC、MDC毎に属する患者数を円の大きさで表し、属する患者の平均在院日数と1日当たりの診療報酬額のグラフに落とし込んで比較することができます。
    これにより患者数(症例)の多いDPC、MDC、在院期間の長さと1日当たりの診療報酬額の関連など自院の長所短所を総合的に把握することができます。
  • 医療資源投入チャート比較
    同一DPC患者の診療内容を比較し、医療資源投入度合いのバランスと入院期間における投入時期についての検討材料とすることができます。

DPC別入院経過日数と収入分析(バルーン分布)グラフ例

複数患者の医療資源投入チャート比較画面例

  • 本製品は、MegaOakIBARSシリーズを導入されているお客様にご利用いただけます。
    なお、お客様の環境により機能に制限があることがあります。
    詳細は担当営業までお問い合わせ下さい。
  • 本機能導入に関する前提条件等につきましては担当営業までご確認ください。
  • 本製品は各種コンポーネントにより構成されています。製品体系や価格等に関しましては、NEC営業又は本製品取扱い販売店までご確認下さい。
  • 本製品は医療機器ではありません。

ページの先頭へ戻る