ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. メディア業ソリューション
  4. 新聞ソリューション
  5. トータル新聞編集システム
ここから本文です。

トータル新聞編集システム NEPCELL-UX Lite版

豊富な実績を誇る新聞専用機能を継承し、リーズナブルな導入を実現

一般的な新聞編集からフルカラー非矩形レイアウトによるスポーツ新聞編集までフルサポートするトータル新聞編集システムです。Lite版では、IAサーバー群での環境構築により従来の機能を継承した上で、低価格化を実現しました。
同一面を複数端末から編集するマルチオペレータ機能と操作性の良い各種組版や自動処理などにより、編集者業務が効率よく行えます。更に素材管理システム・広告システム・CTP連携などの業務間連携で業務効率アップが図れます。

各機能の画面イメージ

特長

■多値カラー非矩形フレキシブル組版

基本操作としてコマンドレスやファンクションレス機構を搭載し、すばやく簡単に操作できます。多値画像フルカラーレイアウトに対応して写真やEPSイラストのサイズ変更・トリミング処理が行なえ、組版上での画像集版や焼き込みも可能です。さらに円形や多角形でのレイアウト・素材の回転を組み合わせることで様々な表現が可能です。また表や見出しなども大組にて拡大縮小・サイズ調整が可能なため、レイアウト変更もスピーディに作業できます。

■オープンI/Fと汎用フォーマット(標準化対応)

素材の入出力では様々な組版用フォーマットに対応しています(Text・csv・JPEG・TIFF(NSK-TIFFを含む)・EPS・PDF・Excelデータ・など)。またコンテンツ管理ソリューション(NewsGlobe)の自動編集機能を利用したNewsMLフルタグの自動処理の対応実績があり、組版でフル活用する事ができます。

■自動再組版と生組機能

罫や見出し位置などを移動した際に影響する記事を自動的に再レイアウトします。再組み付け指示や再度レイアウトする操作などを大幅に短縮できます。 生組機能では、素材の差し替えがあった場合に自動的に再レイアウト処理を行います。予約組ではラフレイアウトし、実際の記事と自動差し替えすることにより、ラジオ・テレビ欄や株式、選挙など常に最新状態に自動反映することができます。

■素材管理連携とDB出力

従来の写真集配/記事フロントシステムに加え、記事写真統合のコンテンツ管理ソリューション(NewsGlobe)と連携が可能です。テーマ管理機能連携での関連素材のグルーピング表示やEXCELデータ連携、編集結果記事の提供、紙面PDFのフィードバックなどの業務間連携や情報共有を実現しています。 新聞素材をマルチユースするオプション機能としてDB出力機能があります。組版で使われた記事/画像/見出/表/紙面/レイアウト情報をNewsMLと標準フォーマットで出力して、統合アーカイブ(NewsGlobe Archive)や電子メディア編集等への二次利用が可能です。

■編集者コラボレーション

急な紙面レイアウト変更が発生した場合、1人では業務を 処理しきれない場合があります。複数のメンバーで協力し あって作業を分担するコラボレーション機能を搭載して います。1つの面を複数の端末で同時レイアウトを行う 「マルチオペレータ大組」や組版中に画像加工や素材編集 を他の端末で並行作業できる機構を有しています。

編集者コラボレーション イメージ

■IAサーバーを採用

全てのサーバーにてNECのIAサーバー「Express5800」を採用しました。システムを低コストで導入することができ、導入規模に合わせてスケールアップ、スケールアウトができます。高速なCPU性能を必要とし、安定した処理が必要な「組版端末」と「展開サーバー」のOSには「Linux」を採用しています。安定した環境で確実に紙面編集を遂行できます。

■広告連携とCTP連携

広告部門との面建て連携、広告素材・割付連携による自動レイアウトや切替処理、CTPサーバー連携などにより新聞編集業務全般をトータルでサポートします。

モバイルPET(*1)(*2)連携

■モバイルPETへデータをダウンロード

モバイルPETをオンライン接続することでサーバーの資産(常駐カット、パターン、ひな形など)をモバイルPETにダウンロードができ、サーバーが存在しない環境においても紙面編集が可能となります。

■緊急オフライン

組版端末にモバイルPETをインストールすることで、サーバーダウン、ネットワーク障害などの緊急事態でも端末だけで編集業務を継続することができます。障害復旧後に組版サーバーに登録する事ができるようになります。

■モバイルPETの活用

モバイルPETはイベント会場へ持ち出したり、災害対策としても使えます。

モバイルPET イメージ

活用例

  • 災害対策
  • 新聞社見学のデモンストレーションや紙面編集体験
  • ニュース現場紙面編集
  • PET紙面・号外・イベント会場等での紙面編集
  • 移動編集者用の組版端末
  • (*1)PET・・・Personal Editor's Top(組版編集端末)
  • (*2)モバイルPET・・・組版編集端末スタンドアロン組版、サーバーが存在しない環境においても紙面編集が可能な組版端末
  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る