ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. メールセキュリティ対策 Mission Critical Mail
  4. 活用シーン
  5. 柔軟なメールの配送制御による、複雑なメール要件をシンプルに実現
ここから本文です。

柔軟なメールの配送制御による、複雑なメール要件をシンプルに実現

活用事例

那覇市様導入事例

LGWANメールの振り分け、一部臨時職員のLGWANメール 利用禁止などの送信制御、ウイルスチェック等を実現しています。

事例のダウンロードはこちら

複雑なメール要件への対応にコストが増大

メールシステムに求められる要件は複雑化

日々進化するメール攻撃への対策・誤送信防止対策など企業の細かなセキュリティポリシーへの対応や、自治体のLGWANなど業種特有の専用ネットワークへの対応など、企業・団体のメールを取り巻く環境は複雑化しています。

 

それに伴いメールの配送ルールが複雑化する為にメールサーバ(MTA)が増え、運用コストが拡大する要因となっています。

運用コストが拡大するイメージ

Mission Critical Mail Filterで複雑なメール要件にシンプルに対応

Mission Critical Mailでは、「マルチポート独立フィルタ/配送機構」により、1台のサーバ上にポート毎に独立したMTAを最大16台作成でき、各MTA毎にフィルタ・配送ルールを定義可能です。

サーバ集約による運用コスト削減は勿論、各ルールは各MTA毎に独立して管理されている為、日々のメンテナンスにおいても視認性が高くルール変更の影響などが分かり易く高い運用性を実現できます。

Mission Critical Mailで実現するイメージ

フィルタルール 一覧画面

管理画面上で、フィルタルールはMTA毎に別々に確認することが出来ます。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る