ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. メールセキュリティ対策 Mission Critical Mail
  4. 活用シーン
  5. メール無害化による、標的型攻撃メール対策を実現
ここから本文です。

メール無害化による、標的型攻撃メール対策を実現

ランサムウェア(WannaCry / WannaCrypt)の対策にはメール無害化

日々進化する標的型攻撃メール

標的型攻撃メールは日々進化し、企業・団体は対策に追われています。

対策手段としては従来技術である「ウイルス対策」・「スパム対策」では対処しきれないケースがあり、「サンドボックス」による未知の脅威に対する対策が実施されてきましたが、既に「サンドボックス」をすり抜ける手段がWeb上では見受けられる状況で、新たな対策が求められています。

攻撃の約9割は添付ファイル付メール

トレンドマイクロ社の調査によると標的型メール攻撃の約9割は添付ファイルが原因となっており、添付ファイルへの対処が標的型攻撃メール対策にとって効果的な対策となります。

Mission Critical Mail Filterの無害化機能による対策

Mission Critical Mailでは、マクロやスクリプトファイルが含まれているリスクのファイルを受信拒否する拡張子チェックに加えて、多彩な「メール無害化」機能により、効果的な標的型攻撃メール対策を実現できます。

対策1:メール無害化(PDF自動変換)による攻撃対策

マクロやスクリプトファイルが含まれているリスクのあるファイルはPDF変換、もしくは受信を拒否することでセキュリティを確保します。

対策2:メール無害化(ファイル無害化サーバ連携)による攻撃対策

対策1では添付ファイルをPDFファイルに変換することでセキュリティを確保していますが、 Mission Critical MailではNECのファイル無害化サーバ File Sanitization Server との連携により、オリジナルフォーマットを維持したまま、マクロなどを除去するサニタイズを実現することも可能です。これにより対策1より利便性を高めたメール無害化を実現できます。

その他:無害化前の原本メールの保管

無害化実施前の元のメールを残しておきたい場合は、任意のメールサーバに無害化前のメールを複製し配送することが可能です。無害化後のメールを確認した上で、安全と判断できるメールは複製しておいた原本メールを確認することで、添付ファイルを取得することが出来ます。

NECでは、Mission Critical Mailと原本メール保管・原本メール閲覧機能を1台のサーバに集約したアプライアンスサーバ(メール無害化ソリューション)を用意していますので、短期間・低コストでシステム導入が可能です。

関連製品・ソリューション

VOTIRO社のSecure Data Sanitizationを採用し、ファイル構成自体をマルウェアが侵入できない構成に再構成することで、インターネット経由のファイルの安全な取り込みを実現します。

原本保管にInterSec/MWを利用したメール無害化を実現する為のメールアプライアンスサーバです。物理サーバ・仮想サーバの2種を用意し、お客様に最適なシステムを実現できます。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る