ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 製造業・プロセス業
  4. NEC Industrial IoT
  5. ソリューション
  6. SCM Performance Monitoring
ここから本文です。

SCM Performance Monitoring

お客さまの課題 サプライチェーン全体でモノの流れを見える化、スループットを改善したい!

生産・物流管理部門ご担当者の声

  • 工場・倉庫などで発生するモノの“滞留”を改善して、棚卸工数や保管スペースなどの“ムダ”を減らしたい。
  • 部門ごとにバラバラのKPIが、サプライチェーン全体のスムーズなモノの流れを阻害している。
  • サプライチェーンがグローバル化し、モノの流れを把握して最適化するのが難しくなってきた。
  • 市場変動に合わせて、最短リードタイムで無駄なくモノを供給したい。

------- グローバルサプライチェーンにおいては、市場の“引き”にあわせて調達から製造・物流までモノをスムーズに流し、スループットを最大化することが重要です。モノの滞留は、棚卸資産やキャッシュフローなどの経営指標を悪化させ、保管スペースやそのための運搬・管理などのコスト増大により利益を圧迫します。それだけに抜本的な改革が望まれますが、問題は、あちこちで日常的に発生している滞留を的確に把握することが極めて難しい!ということです。

解決策のご提案 スループット最大化“はじめの一歩”は、ものづくりの滞留把握から

NEC Industrial IoT 「SCM Performance Monitoring」をおすすめします。

本ソリューションの概要

製造業における、“造る(作業)~運ぶ(運搬)~構える(貯蔵)”といったサプライチェーン全体を通じて、スループットの問題を見える化し改善へと導きます。

調達部門では単品金額の削減、製造部門では設備稼働率の最大化、といった部門毎のKPIがもたらす“モノの滞留”を最小化し、“サプライチェーン全体でスループットを最大化する”という全体最適のマネジメントを実現します。

主な特長

4つの視点でモノの動きを見える化

【パイプ管理】【グリーンベルト】【オーダー滞留】【コスト積算】という4つの視点で “モノの滞留”を見える化。サプライチェーン上の問題点を特定し改善へと導きます。

パイプ管理

  • 需要と流れを意識して設定した「造る」「運ぶ」「構える(ストックポイント)」の各基準値に対し、実態が適正か、ボトルネックはどこかを見える化
  • サプライチェーン全体のQCD改善・強化、スループットの向上を実現

グリーンベルト

  • 「構える(ストックポイント)」に着目して、基準在庫に対し適正な状態にあるか、実態と傾向を見える化
  • 将来の所要も加味して、適正な基準在庫の設計を実現

オーダー滞留

  • 工場ライン内でのモノの滞留を定量的に把握し、ものづくりの淀みを抽出
  • 「時間」×「量」で滞留を捉え、効果的に分析し改善を実現

コスト積算

  • ものづくりにおける淀みを「コスト」の観点で見える化
  • 「時間」×「コスト」で滞留を捉えることで、対策による期待効果の大きさ、対策の優先度を可視化

期待される効果

1.在庫適正化を実現

【パイプ管理】で定常的に基準超過しているストックポイントや品目を見える化。【グリーンベルト】で基準在庫に対する在庫の実態と傾向を分析し、市場の動きも加味した適正な基準在庫の設計とタイムリーな変更を実現します。

2.工程間滞留の原因を特定し改善

【オーダー滞留】によって、工場ライン内でのモノの滞留を「時間」×「量」で定量化。滞留発生の原因を分析し、工程設計や人員配置、作業手順の見直しなど効果的な改善へと導きます。

3. モノの滞留をコスト視点で見える化し、効果的な対策を導く

【コスト積算】によって、材料の投入から工場出荷までの投入金額と滞留時間を積算。キャッシュフローの視点で製造スケジューリングや工程間の課題を洗い出し、効果的な対策検討につなげます。

おすすめポイント

“匠”のノウハウでサプライチェーン改革を支援

様々な形態で自らの生産革新に取り組み成果を上げてきた、NECの“匠”たちのノウハウを提供。生産・デリバリ・サプライヤの三位一体の改革を通じ、サプライチェーン全体のスループット最大化を図ります。

関連ソリューション

グローバルSCMコンサルティング

市場や生産拠点のグローバル化に対応するため、企業戦略を踏まえたグローバルSCMモデルや地域事情を考慮した改革ロードマップの策定を支援します。

ページの先頭へ戻る