ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 製造業・プロセス業
  4. ものづくり研究グループ
  5. NECものづくりコラム「匠の系譜」
  6. 第3回 生産革新を武器にものづくりを進化させる純日本型EMS企業
ここから本文です。

NECものづくりコラム 匠の系譜 <第3回>

NECものづくりコラム 匠の系譜 <第3回>

生産革新を武器にものづくりを進化させる純日本型EMS企業

「匠の系譜」第3回は、NECグループの生産革新活動で重要な役割を果たしてきたNEC長野の代表取締役社長を務める五十嵐 賢一の登場です。製造受託を主体とするEMS企業における、品質を高める仕組みづくり、自主的な改善活動を引き出す人づくりの秘訣を聞きました。

生産革新の歴史と共に歩んだNEC長野

「はずの議論はやめなさい。」これは問題の原因を問われた管理者が「できているはずですが」「やっているはずなのに」と答えたときに五十嵐 賢一がよく使う言葉だ。

「“はず”を使うのは、管理者が現場をみていない証拠。製造業の基本はあくまで『現地・現物』。自分の目で見て、自分の手を汚し、自分で考える、そこをおろそかにして品質向上は望めません。」長年にわたり、生産革新の現場を歩き続けてきた五十嵐らしいエピソードである。

五十嵐が社長を務めるNEC長野は、NECグループの中でも、独自のスタンスでものづくりにこだわってきた会社のひとつである。その背景には、いくつもの“初”があった。数あるグループ会社の中で、1993年に初めて生産革新に取り組み、初めてトヨタ生産方式を取り入れ、初めて車載関連の制御機器を製造し、2000年にはグループで初めてEMS(Electronics Manufacturing Service:電子機器製造受託サービス)企業へ舵を切った。

「もともとテレビなど家電の製造会社でしたが、事業環境が変わる中で本格的な生産革新に取り組み、その後、EMSへ転進しました。今は車載制御装置や産業用機器、医療用機器などの製造受託を手掛けていますが、そこでも過去20年続けてきた生産革新活動が活かされています。」

不良品を絶対に次工程へ流さない「ポカヨケシステム」

開発設計から資材調達、試作機評価、保守・修理までのフルサービスEMSの提供が可能であること。各サービスを切りだして個別提供できること。厳しい品質を要求される車載製品で事業開始以来、重大品質問題は1件も起こしていないこと。低高温検査装置(インライン型)、防塵・防滴用のコーティング装置、振動衝撃検査装置、ハンダの断面観察用検査装置など多彩な検査装置を持っていること。しかも、これら設備の多くを内製していること。NEC長野のEMS事業には、数えあげれば切りがないほどたくさんの特徴がある。

試作品性能評価、製品信頼性評価試験、不具合解析において利用される様々な設備を一覧して紹介している図

図:各種の評価設備を保持しており、性能評価はじめ、
製品の信頼性評価試験、不具合の解析も可能

「セールスポイントはいろいろありますが、一番は車載製品の製造で培った品質の高さです。車載製品では、不良品を次工程へ絶対流さないことが大原則です。これを実現するため、当社では『ポカヨケシステム』という仕組みを導入しました。造られる製品は1台毎ナンバリングされてバーコード管理し、不具合発生時には対象ロットを即座にチェック、回収することができます。もちろんポカヨケも万能ではありませんから、これを過信せず品質を源流からつくり込むことを重視したものづくりを行っています。」

修理工程を徹底的に改善し「1泊2日」での修理を実現

「生産革新のもっとも重要なテーマは“流れ”をつくること。製造も保守・修理も物流も、すべて流れをつくらなければ、ムダが発生し品質が向上しません。」流れをつくる具体例として五十嵐が話してくれたのは、NEC長野で実践した保守・修理事業の改善例だ。

製造現場の生産革新にはいち早く取り組んだが、保守・修理事業の改善までは、なかなか目が向かなかったというNEC長野。現場には、持ち込まれた修理品が山積みになり、修理部材も管理されておらず、修理リードタイムは1週間から2カ月と大きくばらついていた。

この状況を改善するため、現場が行ったのは“流れ”をつくることだ。部材の使用頻度を分析してエリア分けし、棚番を固定してデータベースで管理できる台帳を作成。依頼品の受付から修理、出荷まで最短の動線で流れるようレイアウトを変更した。こうした改善活動の結果、受付から出荷までの修理リードタイムを、わずか「1泊2日」に短縮、8割は朝受け付けて夕方出荷できる超スピード修理が可能になった。

修理行程改善の流れ:現状分析(将来像)、全体設計(目指す行程配置、問題の抽出、改善の繰り返し)、ルール決め(修理効率改善、専門性、優先順位)、進化した行程(修理LT短縮、シンプルな行程、職場の強み)。目標:修理リードタイム「1泊2日」

図:修理改善フロー

二つの円グラフ:2009年修理LT比率、翌日出荷6%、1週間以内51%、一ヶ月以内33%、一ヶ月以上10%。2012年修理LT比率、当日出荷82%、翌日出荷11%、3日以上7%

図:修理LT推移

ページの先頭へ戻る