ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 電機・機械業向けソリューション
  4. 三菱電機グループの皆さまへ みにマガ
  5. 処理を劇的に迅速・効率化する「データベース統合・集約ソリューション」
ここから本文です。

三菱電機グループの皆さまへ みにマガ

Oracle Exadataで処理を劇的に迅速・効率化し、トータルサポートでお届けする
「データベース統合・集約ソリューション」

Oracle Exadataで処理を劇的に迅速・効率化し、トータルサポートでお届けする「データベース統合・集約ソリューション」

社内で日々大量に発生するデータを、いかに効率よく迅速に処理するかが大きな課題になっています。業務の処理遅延やリードタイム伸長は、そのまま企業の競争力の低下へと直結し、また運用管理コストの増大は経営を圧迫します。Oracle Exadata Database Machine(以下Oracle Exadata)を活用した「データベース統合・集約ソリューション」は、社内に分散するOracleデータベースを統合し、処理速度の劇的な向上と運用管理コストの大幅な削減を推進します。

社内に散在する処理が遅いデータベースを、共通基盤として統合し超高速化

情報システム部門や業務の現場では、データ量の急増にともない様々な課題を抱えています。

情報システム部門の課題

  • データ容量が日々増加して、ストレージが不足しがちだ。
  • 部門や拠点ごとにシステムを構築しており、運用管理コストが増大しつづけている。
  • 可用性の高い構成を、ゼロから設計し直すのは手間もコストもかかる。
  • 保守料が年々値上がりして予算計画が立てにくく、サポート先も分散して煩わしい。
  • IoT/ビッグデータの解析を意識したシステム環境を、段階的に整えていきたい。

業務現場の課題

  • 最近目に見えて、業務処理のレスポンスが遅くなった。
  • 日次や月次のバッチ処理が遅く、翌日や翌月の業務開始に間に合わない。
  • DWHからのレポート作成が遅く、経営会議が近づくと残業がつづく。

Oracle Exadataプラットフォームの導入で、様々な課題を一気に解決!

メリット(1)
インフラを構成し、オンライン・バッチ処理の超高速化を通じて業務効率を劇的に向上。

メリット(2)
処理時間が分単位から秒単位へ短縮し、検索リードタイムを大きく短縮。

メリット(3)
複数のデータベースをOracle Exadataに集約し、全社の統合基盤として構築可能。

メリット(4)
Oracle Exadataの導入から運用まで、NECがワンストップでトータルサポート。

「高速性」「可用性」「拡張性」を備え、高速で優れたデータベース基盤を構成

Oracle Exadataプラットフォームを導入することで、情報システム部門や業務現場の課題解決へどのように貢献するかを、機能面から具体的にご紹介しましょう。

業務のQCD改革

既存のデータベースシステムが抱える問題を解決し、社内のQCD改革を推進します。

データベースの統合

社内の部門や拠点ごとに散在する、複数のデータベースシステムをOracle Exadataへ集約し、全社統合の共通基盤として構築することができます。システムの一部からスタートし、徐々に範囲を拡げていく段階的な導入が可能です。

優れたデータベース基盤を構成

Oracle Exadataは、データベース基盤に不可欠な「高速性」「可用性」「拡張性」の3つの特長を備えており、あらゆるデータベース処理に対応可能です。また、Oracle Exadataで動作するデータベースはOracleそのものとして認識されますので、アプリケーションの修正は不要です。

導入から運用までワンストップ、NECだけの圧倒的なトータルサポートの強み

NECは、国内でいちばん早くOracle Exadataのサポートを開始し、これまで様々なサービスに取り組んできました。Oracle Exadataを安心して導入いただくために、保守料を定額化してお客様の予算計画を立てやすくしたり、性能を実体験できる「高パフォーマンス体感プログラム」をご提供するなど、NECならではの総合的なサポートサービスをお届けしています。

最近、製造業を中心に基幹系システムへOracle Exadataを活用した、「データベース統合・集約ソリューション」を導入されるお客様が増えています。以下の事例は、信頼性の高いNECのトータルサポートに高評価をいただき、業務の処理スピードが劇的に向上したケースです。

製造業 A社様

多くの製造現場を保有され、拠点や部門ごとに多数のデータベースを抱えられる三菱グループ様でも、処理スピードの遅延や運用管理の負荷&コストの増大にお悩みではないでしょうか? データ量が飛躍的に増加するIoT/ビッグデータ時代を迎え、今後データベースに関する情報システム部門の負荷や業務現場の課題は増えつづけるとみられます。NECでは、Oracle Exadataの導入に関する多種多様なサポートサービスをご用意しています。ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

(2016年9月15日)

お問い合わせ


中小規模のOracle データベースシステムを高速化するNEODB。

NEC Oracle Database 高速化ソリューション(NEODB)は、Express5800シリーズやNX7700xシリーズ+iStorage Mシリーズと、Oracleデータベースを活用した中小規模システム向けの検証済みリファレンスアーキテクチャです。日々の大量データを最大14.1倍、平均9.6倍の高速かつ柔軟に処理し、ビジネス環境の変化やデータ量の急増へ迅速に対応できます。Oracle Exadataでは導入コストが見合わない、中小規模向けのシステムに最適です。

ページの先頭へ戻る