ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

経営管理ソリューション

経営管理強化を目指すにあたって

製造業の本分である、良い製品生み出し、筋肉質な企業になるためには情報の活用が不可欠です。
情報基盤の整備により、経営判断に不可欠な必要情報を、必要なときに入手することが可能になります。
そのためには予算管理と業績管理が必要です。
また、効果測定の難しい本領域において無限の投資はありえません。(図1)

図1 経営管理強化を目指すにあたって

変化への対応力を強化

予算管理は企業のPDCAサイクルを回すうえで最も重要なプロセスな1つです。予算は、管理会計そのものと
いってもいいほど短期計画の中心であって、管理会計の基本的手法です。
一般的には、予算の前に利益計画が立案されますが、そこではいくら儲けるのかという利益の目標を立てます。
その後、利益目標を達成するための売上と、その売上の下で認められる費用が決定されます。
この売上高と費用の総額を組織の隅々・個人個人にまで割り当てていくのが予算の役割です。
そして担当者は割り当てられた予算を達成するために、どうすればいいか、という計画を立てて活動します。
つまり、予算によって、組織の計画は活動を始めることができるのです。

一方で、外部環境が激変する昨今において、きめ細やかな業績管理とともに経営判断スピードの加速が求め
られており、経営のドライビングテクニックはより複雑化を増しています。過去にどのような傾向があった
か、今現在何が起こっているか、そして、将来何が起こりそうか、状況を一元的に可視化し、経営者が次の
アクションを迅速に起こせる仕組みを整備することが重要です。

予算管理と業績管理の2つの要素を組み合わせることによって、企業の経営のPDCAサイクルを短期で回す
ことが可能になります。(図2)

図2 予算管理サイクルの短縮化により変化への対応力を強化

NECが提供するソリューション

したがって、経営の強化において、予算を管理し、業務を迅速に回すこととともに、その予算に対して実績が
どこまで達成しているか、達成していない場合、何が原因でこれから何が起こる可能性があるのか、という
ことを可視化し、迅速な経営判断を支援する仕組みを整備することが極めて重要です。

NECでは長年にわたる実績を元に、KPI策定などの上流のコンサルティングからシステム構築、保守サポート
まで一貫したサービス(図3)とお客様の要件とご予算にあったツール(図4)を組み合わせてご提供すること
により、お客様の経営力強化に貢献します。

図3 NECが提供する情報活用ソリューション

図4 経営管理ソリューションに求められる機能

関連ソリューション

予算管理でお悩みの方、過去の実績データから将来予測を効率的に行いたい方に、おすすめの

経営管理ソリューション『Sactona(サクトナ)』

です。

ページの先頭へ戻る