Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

IHIグループの皆さまへ 耐油・防塵・防水 組込み振動センサ (開発中)

微弱な“振動”を検知できる 振動センサにご興味はありませんか?

NECグループでは、これまで長年にわたり培ってきた圧電素子技術を生かし、主に産業機械向けの組込み振動センサを開発しています。
その最大の特長は、一般的に流通している従来の振動センサに比べ、はるかに微弱な振動(低加速度)を高周波領域でセンシングできることです。
工作機械、冷凍機、昇降機、プラントなどの開発で “振動”に関係する業務に携わっている方に、ぜひ注目していただきたい製品です。

組込み振動センサの特長

NECの組込み振動センサは、振動や圧力などの力が加わると電圧を発生する圧電素子により、振動を電圧に変換して検出します。圧電材料の特性と構造を最適化したことで、微小振動、高周波領域をセンシングできるのが特長です。

特長①:微小振動(低加速度)は0.0003Gまでセンシングでき、人間では感じることのできない微弱な振動も検知できます。(一般の振動センサは0.01G程度)

特長②:高周波領域は、15kHzまで測定可能です。(一般の振動センサは8kHz程度)
特長③:耐油・防塵・防水性能が高く、環境の厳しい場所でも使用できます。


微小振動を検出することによるミスアライメントやHDDの異常検知、高周波振動を検出することによる高速ベアリング等の回転物の異常検知、予測など、一般の振動センサと比べて活用シーンの拡大が見込めます。

※本内容は仕様案であり、実際の製品とは異なる可能性があります

組込み振動センサのさまざまな用途

冷凍機、空調機、昇降機などのモーターの軸ブレ検知、工作機械でのベアリング異常などのセンシングはもちろんのこと、さまざまな機器の検査工程において、官能検査(聴感)を振動センサによる定量検査とすることで、いままで勘に頼っていた作業の精度向上や作業効率の改善が見込めます。

また、データアナリティクス(情報の分析・価値判断)の領域においても、M2Mを活用したデータ収集と合わせることで、組込み振動センサは機器の故障予測にも効果を発揮すると考えられます。

想定用途

産業機械への適用イメージ

本製品にご興味がございましたら、NECの担当営業までお問い合わせください。
さらに詳しいご説明をさせていただくとともに、製品の貸し出しも承っております。
具体的な製品化に向けて、お客様と共に用途の検討からさせて頂ければ幸いです。