ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 電機・機械業向けソリューション
  4. 日立グループの皆さまへ Monkey Pod Post
  5. CROSSROAD for Enterpriseのご紹介
ここから本文です。

日立グループの皆さまへ Monkey Pod Post

海外とのコミュニケーションを効率化し、イントラ環境で安全な翻訳業務をすばやく実行
CROSSROAD for Enterpriseのご紹介

海外とのコミュニケーションを効率化し、イントラ環境で安全な翻訳業務をすばやく実行 CROSSROAD for Enterpriseのご紹介

最近、インターネット上の自動翻訳サービスに関わる情報漏えいが多発しています。官公庁や大手商社、銀行、グローバルに展開する製造業など多言語を扱う業務で、ネット上の無料翻訳サービスを利用したことによりWebやメール、各種ファイルなどが利用企業名とともにネット上へ流出し、誰もが閲覧できてしまうというセキュリティ事故です。そのため、利用各社の責任において、情報漏えい対策の実施が必要不可欠となります。
イントラネット向け翻訳サーバCROSSROAD for Enterprise(以下CROSSROAD)は、翻訳業務にともなう重要情報の社外流出を防ぐだけでなく、海外とのコミュニケーション業務全体の効率化と高速化を促進し、企業や公共機関のグローバル業務を強力にバックアップ。その優れた翻訳精度から、自動翻訳エンジンとして2008年「アジア太平洋機械翻訳協会(長尾賞)」を受賞しています。

翻訳に関するセキュリティ不安や業務のお悩み解決に最適

いまや8割の企業が、なんらかの情報漏えい事故を経験しているといわれます。イントラネット環境のCROSSROADは、情報をインターネット上へ持ち出すことなく、業界トップクラスの翻訳精度とスピードで業務をスムーズにこなす翻訳システムです。CROSSROADは、単独の仕組みとして既存システムへ追加導入できるほか、SI案件におけるインクルード部品として、あらかじめ業務システムに組み込むこともできます。

図:翻訳に関するセキュリティ不安や業務のお悩み解決に最適

詳細は下記をご参照ください。

中国語や韓国語にも対応し多彩なファイルも高精度で迅速に翻訳

CROSSROADは日本語と英語に加え、海外とのコミュニケーションでよく使われる中国語や韓国語にも対応し、すばやく安全で快適な翻訳業務を支援します。また海外拠点へ導入し、たとえば中国語を翻訳ポータルに設定して、日本語への翻訳を実行することも可能です。

おもな特長

  • オンプレミス対応によりイントラネット上で翻訳業務ができ、安心・安全なセキュリティを実現。
  • 社内利用者がいくら増加しても追加コストが発生しない、お得なサーバライセンス制を採用。
  • 98分野の専門用語辞書の標準サポートで、業界トップクラスの翻訳精度とスピードを達成。
  • 日本語と英語に加え、中国語や韓国語もサポート。(オプション)

今すぐお試しいただけるWeb版や試用版を無償で提供

試用Webサイト/製品貸し出し

お客様が必要とする試用人数をお知らせいただければ、2営業日中に試用アカウント(有効期限2ヶ月)を発行します。また、製品媒体の貸し出しも実施しています。

業種を問わずさまざまな領域でCROSSROADが活躍

CROSSROADは、海外スタッフとの連絡や海外企業との取り引きが多いグローバルビジネスをはじめ、行政や警察などの公的機関などでも導入されています。以下にご紹介するケーススタディは、そのごく一端です。

CROSSROADは、既存の業務システムへの導入はもちろん、新たなSI案件のセキュリティ課題を解決するインクルード部品として、情報漏えいが心配なお客様への印象的な提案ができます。ぜひ、グローバル企業や官公庁のシステム案件では、CROSSROADの導入をご検討ください。

(2016年1月15日)

お問い合わせ

たにやん!今月のベストショット

<~ 箱根駅伝 ~>

第一製造業ソリューション事業部の奥谷 信彦(おくたに のぶひこ)です。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

連日、季節外れの暖かさに見舞われた新年三が日。皆様は、どのように過ごされましたでしょうか。
私は、初めて「箱根駅伝」を観戦しました。
昨年4月に引っ越した自宅の近くを走るということもあり、徒歩でランナーが走る沿道へ!!

ランナーがやって来るのにはまだしばらく時間があるにも関わらず、多くの方が応援用の小旗をもって、選手の到着を待っています。
待つこと10数分。先頭の大学がやってくると、子供から大人まで大歓声。
その後、後続の大学が全て通過するまで、「行け~」「頑張れ~」「負けるな!」といった暖かい声援が送られ続けるのを見ながら、この中を走れる気分ってどんな感じなんだろう?20km以上走る苦しさと、大観衆の中を走れる嬉しさ、楽しさは、どちらが上回るんだろう?などといったことを考えてみたり…。

諦めることなく一生懸命ゴールを目指す選手の姿はやっぱり輝いて見えます。
「よし!自分も!」と元アスリートの血が騒ぎ、まずはダイエットから頑張ることを誓った駅伝観戦となりました。

「青山学院大学の皆さん、おめでとうございます!!」

ご意見・ご感想はこちら<info@htc.jp.nec.com>までお気軽にご連絡ください!

ページの先頭へ戻る