ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 電機・機械業向けソリューション
  4. 会計(IFRS)ソリューション
ここから本文です。

会計(IFRS)ソリューション

日本でも2015年または2016年からの

IFRS(International Financial Reporting Standards 国際財務報告基準)強制適用(アドプション)

が現実味を帯びてきましたが、IFRSは経理部門だけではすまない幅広い対応が必要になります。
関連業務や内部統制、情報システムの見直しや人材育成をグループ全体に展開しなければなりません。

NECでは、IFRSへの対応を企業グループ・グローバルでの企業基盤の「標準化」推進と捉え、企業の状況に
よっては先行した取り組みが必要になるものと考えられます。

コンサルティング面から製品面から下記の対応が可能です。

IFRS対応ソリューション(コンサルティング)

IFRSへの対応は経理部門だけにとどまらず、関連業務や内部統制、情報システムの見直しや人材育成まで
含めたグループ全体への展開を考慮する必要があります。

NECでは、早期適用を進めているNEC自身の対応をベースとした

「実現できるIFRS対応」

を、会計方針・システム方針の策定支援から、業務・システム要件検討のコンサルティング・導入・展開まで、
一貫してご支援いたします。

IFRS(国際財務報告基準)対応 -EXPLANNER/Ai

EXPLANNERシリーズは、発売から現在に至るまで、法改正・機能強化を続けてまいりました。
今回のIFRS対応においても同様下記にに対応していく所存です。

・会計コンバージェンス(国際会計基準への収斂)
・会計アドプション(国際会計基準適用)

また、IFRSの影響は財務会計のみにとどまらず、会社経営、基幹システムにも影響を及ぼすと考えております。
弊社ではシステムに関する全てにおいてお客様と協力し、お客様に合ったシステムを提案・構築いたします。

ページの先頭へ戻る